logo

メジャーバージョンアップ「FortiOS 4.0」を発表

アプリケーション制御、WAN最適化、 SSLインスペクション、DLPがFortiGateで実現

UnifiedThreatManagement/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet<R>(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、FortiGate<R> 複合脅威セキュリティアプライアンスの価値と機能性を大幅に向上する多数の新機能を統合したファームウェアの大規模アップグレード版として、FortiOS<TM>4.0オペレーティングシステムを発表しました。フォーティネットのこの新しいOSではアプリケーション制御、情報漏洩防止(DLP)、WAN最適化、SSLトラフィック インスペクションという、4つの注目すべき機能が加わっています。これらの機能を組み合わせて使うことで、お客様は利用可能な帯域幅を狭めている悪意あるトラフィックを阻止し、ネットワークの保護を実行するのと同時に、クリーンなトラフィックを高速化し、ネットワークパフォーマンスを最適化することが可能です。フォーティネットは、セキュリティサービスとネットワークサービスを強力に組み合わせた単一の統合プラットフォームを幅広く提供し、市場に統合セキュリティというカテゴリを浸透させてきましたが、今回のFortiOS4.0の発表により、この概念を再定義します。


FortiOS 4.0では多数の機能強化が実現していますが、なかでも、新たに付加した3つのセキュリティ機能と1つのネットワークサービスは、フォーティネットの統合セキュリティデバイスの価値とROIを強化するものです。アプリケーション制御、SSL インスペクション、DLPというFortiOSに新たに加わったセキュリティ機能は、次の課題に対応しています。 (1) ますますエスカレートするサイバー脅威、とりわけ経済の低迷に対する消費者不安を食い物にした脅威。 (2)ユーザー行動の進化。これには、Web2.0の革新によって、セキュリティの範囲が拡大し、「ネットワーク」の一部とみなされるようになったことも含まれます。フォーティネットはセキュリティと補完的ネットワーク機能を融合するという戦略を引き続き推進しつつ、新しいOSにWANの最適化機能を付加し、ネットワーク管理者が望むネットワーク強化サービスを全般的なネットワークセキュリティのインフラの一部として組み込めるようにしています。
FortiOS 4.0の4つの重要機能により、あらゆる規模の企業がセキュリティを強化でき、少ない投資で大きな価値を得ることが可能になります。これらに加え、マネジメント効率の向上も実現します。新しいオペレーティングシステムはFortiGateユーザーに下記のようなメリットをもたらします。


●通常、スタンドアロン製品にのみ提供されている新しいセキュリティ技術の利用


●シームレスに相互運用できるセキュリティ技術を密接に統合することによるセキュリティの向上


●SaaSクラウドコンピューティングにより、増加し続けるWebベースアプリケーションでのコミュニケーションを行うローカルユーザー向けのセキュリティおよびコントロールの改善


●セキュリティおよびネットワークサービスを導入するのに必要な機器数の削減。これにより炭酸ガス排出量および機器の設置面積の削減、管理の簡易化、設備投資支出/運用コストの削減が実現


フォーティネットの創業者で同社の社長兼CEOであるケン ジー(Ken Xie)は次のように述べています。「現在の経済状況の激動は、FortiGateシリーズの最新OSをリリースするのに追い風となっています。コスト効率の良い製品を揃えることは当社のDNAの一部となっている一方、市場にはセキュリティを犠牲にすることなく、投資を最大活用したいという流れがあります。こうした要因が組み合わさり、今まで以上に少ない予算でより多くのことを行うというプレッシャーにさらされたお客様の間に、セキュリティレベルは高く、かつ、コスト効率の良いセキュリティソリューションに対する需要が生まれています。FortiOS 4.0はフォーティネットの中核をなす技術革新の素晴らしい例であり、お客様がもっとも必要性を感じている今、これをご提供できることを嬉しく思います」


米国のロサンゼルス小児病院は、FortiGateの既存顧客で、FortiOS4.0ベータ版を導入しています。この病院では、インターネット周辺部を保護するために、大規模企業向けのFortiGate-3600Aを中核のファイアウォールとして利用しています。ロサンゼルス小児病院のシニアネットワークサービスアーキテクトであるレーアン カドリ(Rehan Qadri)氏は次のように述べています。「FortiGateセキュリティアプライアンスを導入したのは大成功でした。そしてFortiOS 4.0が提供する新たな機能には驚嘆しています。フォーティネットのこの提案にはマイナス面がまったくありません。彼らは顧客のニーズに耳を傾け、仕様や機能面からみても価値の観点からも、素晴らしい仕事をして、結果を出してくれました」

FortiOS 4.0:強化、高速化、一層のセキュリティ
FortiOS 4.0がFortiGateアプライアンスにもたらす豊富な機能により、セキュリティとネットワークパフォーマンスは下記のように劇的に強化されます。


●アプリケーション制御 - トラフィックをポートやプロトコルとしてではなく、トラフィック発生のアプリケーションとして認識します。1,000種類以上のアプリケーションに対するセキュリティポリシーを実施します。標準外のポート、ポートホッピング、信頼できるポートおよびプロトコル内でのトンネリングを使った「イベイシブ」なアプリケーション制御を行います。


●WAN最適化 - WAN接続上でアプリケーションを高速化するとともに複合脅威に対するセキュリティを実施します。ネットワークパフォーマンスを向上します。WAN上で送信されるデータ量を削減します。帯域幅の削減とサーバリソースの必要量の削減を行い、ユーザーの生産性を向上します。ネットワーク・コストを削減します(ローカル・ストレージ機能のあるFortiGateモデルでは、この能力を活用することが求められます)。


●SSL インスペクション - 暗号化トラフィックのストリームにおけるセキュリティおよびポリシーコントロールを強化します。隠れた通信を検査します。セキュアWebおよびアプリケーションサーバの保護を強化します。ネットワークトラフィックの可視性をアップします。


●データ漏洩防止 - ネットワーク境界外と通信する機密情報を同定し通信を防止します。あらゆるアプリケーションにまたがって稼働し、トラフィックがSSL暗号化されている場合も有効です。コンフィギュレーション可能なアクションがデータおよびファイルの監査証跡を残します。法的コンプライアンスに役立ちます。組織の機密情報を保護します。


ガートナーが2008年11月に発行したエンタープライズネットワークファイアウォールのマジッククアドラントでグレッグ ヤング(Greg Young)およびジョン ペスカトーレ(John Pescatore)は次のように述べています。「ビジネスプロセスや脅威の変化はネットワークセキュリティに対する新たな要求を生み出しています。帯域幅や新しいアプリケーション通信(たとえばWeb 2.0など)の増加がプロトコルの利用法やデータの提示方法を変化させています。SaaSによって重要データが外部に置かれるようになったことや、重要ITへの依存が強まることでセキュリティは新たな方向性に動きだしています」


FortiOS 4.0およびその他のフォーティネット製品の詳しい情報は次のウェブサイトをご覧ください。リンク
セキュリティ技術と脅威分析のさらなる論考はFortiGuardブログ(リンク)で公開中です。保守契約を結んだFortiGateの既存のお客様はすべて、無料またはごくわずかな費用で新版のOSへのアップグレードが可能です*。


*ハードウェア要件によりFortiOS 4.0へのアップグレードが不可能な現行のFortiGateアプライアンスは、全体の5%以下です。


※フォーティネットの名称はFortinet, Inc.の登録商標です。Fortinet、FortiGate、FortiOS、
FortiAnalyzer、FortiASIC、FortiAnalyzer、FortiCare、FortiManager、FortiWiFi、FortiGuard、FortiClient、およびFortiReporterはFortinet Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。その他製品名などはそれぞれ各社の登録商標です。

用語解説

フォーティネット会社概要 (リンク)
フォーティネットは複合脅威に対応するASICベースのUTMシステムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティシステムは、セキュリティ性を高めるとともにトータルコストを下げることから、多くの企業やサービスプロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティプロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパムなど)を統合するために作られており、ネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から顧客を守るよう設計されています。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理 報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから7種類の認定(ファイアウォール、アンチウイルス、IPSec、SSL、IPS、アンチスパイウェア、アンチスパム)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事