logo

フェムトセル

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが3月に刊行予定です。

フェムトセルは、新たな技術サイクルに突入している。市場の取り組みは、これまで3GPPフェムトセル規格の完成とオペレータ向けのRFPへの対応が中心だった。いくつかの事業者は、大胆にもこの初期段階にフェムトセルサービスを開始したが、ほとんどが家庭に基本的な音声サービスを提供することが主眼である、限定的なサービスであった。フェムトセルの次の段階は、非常に重要である。限定的なサービスを提供するニッチな技術から、マス市場向けの商業的な技術へと発展するだろう。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「フェムトセル」は、ビジネス事例の特定から、多くのフェムトセル導入の際に行われるシステム統合まで、取り組むべき課題を幅広く調査している。また、バリューチェーンの取り組みやフェムトセル関連のフォーマットとアーキテクチャーについて論じている。

◆調査レポート
フェムトセル:消費者市場、企業市場、都市圏市場
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。