logo

シンクライアント上で多様なUSB周辺機器を利用可能にする最新版Wyse TCX USB Virtualizer 2.0をリリース

ワイズテクノロジー株式会社(東京都千代田区、日本法人代表 松浦 淳)は、シンクライアントソリューションにおける多種多様なUSB周辺機器の使用を可能にするWyse TCX* USB Virtualizer2.0、及びWyseシンクライアントで、複数モニタの使用を可能にするWyse TCX Multi-Display1.2の新バージョンを発表します。

Wyse TCX USB Virtualizerは、シンコンピューティングソリューションとして始めて広範囲なUSB周辺機器のサポートを可能にします。VMWare仮想デスクトップソリューション(VMWare View)、Citrix Application Deliveryソリューション(Citrix XenApp, XenDesktop)、マイクロソフトターミナルサービスなどのシンコンピューティング環境でのUSB周辺機器利用を実現するワイズテクノロジー独自の革新的なソフトウェアソリューションです。Wyse TCX USB Virtualizerによってもたらされたエンハンスメントは、従来懸念されていたシンクライアントの導入の際のUSB周辺機器利用に対する制限を大幅に軽減します。

Wyse TCX USB Virtualizer2.0では、Webカメラ、USBヘッドセットなどのアイソクロナス転送デバイスに新たに対応し、更に多くのUSB周辺機器をシンクライアント環境での使用が可能です。また、Windows Vista環境にも対応し、仮想デスクトップとしてのオペレーティングシステムの選択肢が広がります。

Wyse TCX Multi-Displayは、ICA/RDP接続中にエンドユーザのマルチモニターユーザーエクスペリエンスを向上させる無償ソフトウェア製品です。 Wyse TCX Multi-Displayは”スパン”モードで、すなわちRDP/ICAデスクトップ接続が拡張されて稼動するため、一つのデスクトップ画面を4つのモニタまで拡張することが可能です。これにより、二画面など拡張された画面セッション内で稼働するアプリケーションウィンドウを適切なモニタに移動/表示させることができます。Wyse TCX Multi-Display 1.2は、デュアルモニターに対応したWyseシンクライアント端末(V Class L、および V Class LE)で利用することが可能です。

Wyse TCX USB Virtualizer2.0及びWyse TCX Multi-Display1.2はWyseシンクライアントと組み合わせて使用することにより上記の機能を享受できます。Wyse Thin OS(WTOS)最新バージョン6.3では新たに仮想デスクトップ環境においてクリアな音声送受信を可能にする、Wyse TCX Rich Sound(2009年3月末リリース予定)のサポートが加わりました。TCX USB Virtualizer 2.0 との組み合せにより、オーディオ・ビデオチャットアプリケーションが仮想デスクトップ環境で利用可能となります。このため、従来型のシンクライアントでは、導入の妨げとなっていたユーザーのシンクライアント操作時の様々な問題をWTOS6.3とWyse TCX Suiteの相互利用によりに解消することができます。

Wyse TCX Suite製品
■ TCX USB Virtualizer 2.0 (USB周辺機器サポート)
■ Wyse TCX Multi-Display 1.2 (マルチモニタサポート)
■ Wyse TCX Multimedia 3.0 (マルチメディアサポート)
■ Wyse Rich Sound 1.0** (音声リダイレクションサポート)

Wyse TCX Suiteについて
リンク

WTOSコンセプトとテクノロジー                                                           リンク

*TCX=Thin Client Extension
** 2009年3月末リリース予定

■ 会社概要:
会社名: ワイズテクノロジー株式会社
住所: 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂィング 南館10階
日本法人代表: 松浦 淳
設立: 2005年8月10日
資本金:1,000万円
URL: www.wyse.co.jp

■ Wyse製品販売代理店
リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
ワイズテクノロジー株式会社
e-Mail: mkt_jp @wyse.com
Tel: 03-5288-8511
Fax: 03-5288-8225

《関連URL》
リンク
リンク
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。