logo

教育コンテンツをリアルタイムに配信・管理「Study.jp/Live+」を提供

ビジュアルコミュニケーションのブイキューブとeラーニングのデジタル・ナレッジがサービス提携

株式会社ブイキューブ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 間下
(ました)直晃(なおあき))は、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都
千代田区、代表取締役社長 はが弘明(ひろあき))と共同で、「Study.jp/
Live+」(スタディドットジェイピー・ライブプラス)を開発、提供を開始
いたします。(販売は株式会社デジタル・ナレッジが行う)
※本リリースに関するURL:http://www.nice2meet.us/ja/news/index2.php?id=299

【「Study.jp/Live+」(以下「本サービス」)とは】
本サービスは、株式会社ブイキューブの開発・販売するオンラインセミナーサービス「nice to meet you セミナー」と、株式会社デジタル・ナレッジ社が提供するeラーニングの教材制作・学習・管理ができる総合型プラットフォーム『Knowledge Deliver』をパッケージ化したサービス。eラーニングコンテンツの制作・管理・ライブ配信から、受講者の受講管理・学習効果測定までをワンストップで可能にします。本サービスは、導入が容易なASP・SaaS型と、サーバごと導入いただき自由なカスタマイズとイントラネットでの利用が可能なライセンス型で提供いたします。
「nice to meet you セミナー」は、インターネット上で映像・音声・資料・テキストを通じたビジュアルコミュニケーションを実現し、同時に大規模ライブ配信ができるサービス。講師は資料への書き込みを行いながら講義ができ、音声はもちろんテキストチャットを利用しリアルタイムでの質疑応答も可能。講師の顔がパソコン上に映るため、受講者は目の前に講師がいるかのように受講できることも特徴です。その高い臨場感が受講者の集中度を高め、オンラインでは長時間と思われる1時間や90分の講義も最後まで視聴されていることが、当社年間2000回以上のセミナー配信結果により実証されています。
さらに録画機能で、ライブ配信中の資料への書き込みやテキストチャットのやりとりなどをすべて簡単に録画でき、ライブ配信の臨場感をそのままオンデマンドeラーニングコンテンツとして二次利用可能。参加できない受講者や復習したい受講者も、後からコンテンツを閲覧できるため効率的な学習ができます。
一方『Knowledge Deliver』では、受講者からの質問受付けはもちろんeラーニングコンテンツの事前学習、受講履歴の管理、受講者の理解度を確認するアセスメントテストまでを行えます。さらにオーサリング機能により、PowerPointやWordなどの資料を利用し、シンプルな手順で eラーニングコンテンツの制作も可能。運営者が必要な時に簡単に制作・ライブ配信できるため、スムーズかつ安価に、常に最新の情報を受講者に届けることができます。

【「Study.jp/Live+」の特徴】
■大規模ライブ配信
これまでのコンテンツ購入型のeラーニングと異なり、オンデマンド配信だけでなく、同時に1000台以上のパソコンに向けてeラーニングコンテンツの大規模ライブ配信ができる。
■インターネット上で双方向性の高い講義を実現
「nice to meet you セミナー」の双方向性の高い充実した機能で、映像・音声・テキストチャットによる講師と受講者、あるいは受講者同士の活発なコミュニケーションが可能。さらに、アンケート機能でライブ配信中にアンケートを実施し、集計結果をすぐにグラフで表示。受講者の理解度を確かめながら講義を進められる。
■コンテンツの簡単二次利用
「nice to meet you セミナー」でライブ配信した講義の、映像・音声・資料への書き込み・テキストチャットをすべて簡単録画。そのままオンデマンドコンテンツとして二次利用できる。
■受講履歴の管理・学習効果の測定
LMS(Learning Management System)機能で生徒の受講管理や受講履歴、受講時間の確認ができる。配信中の講義に試験問題を追加し、学習効果の測定も可能。

【「Study.jp/Live+」ご提供の背景】
教育機関においては、少子化による全入時代の到来と、サテライトキャンパスや生涯学習など多様化するサービスに対し、効率的かつ効果的な教育サービスをいかに提供できるかが重要になっています。
一方、企業においてはグローバル化、競争の激化が進むなか、意思決定や社内の情報伝達スピードをいかに上げるかが経営課題となり、これに加え、昨今はJ-SOX法の施行やコンプライアンスへの対応などの社内教育の効率化も、業績向上に向けた課題として注目されています。
本サービスは、運営者が必要なeラーニングコンテンツを必要な時に制作・配信できるため、これまでのeラーニングサービスと比べ情報伝達のスピードが格段に向上。更新のたびにコンテンツを購入する必要がないため、運用コストも削減できます。

【「nice to meet you セミナー」について】
「nice to meet you セミナー」は、1000台以上のパソコンへの大規模同時配信が可能なオンラインセミナーサービス。パソコンとインターネットがあれば簡単に始められるため、会場設営や資料印刷・配布などの煩雑な業務を省きながら、コストを削減することが可能です。双方向性の高いコミュニケーションを重視して開発されているため、インターネット上で映像・音声・テキストチャットを用いて講師と受講者、あるいは受講者同士がリアルタイムにコミュニケーションをとりながらのセミナーが可能。さらにアン
ケート機能を利用して受講者の理解度を確かめながら講義を行えます。ライブ配信した講義は、映像・音声・資料やテキストチャットへの書き込みを録画し、そのままオンデマンドコンテンツとして簡単に二次利用できます。

『nice to meet you』は昨年11月25日に、2008年東京都ベンチャー技術大賞において、最も優れた製品技術に贈られる大賞を受賞しております。
※関連リリース:リンク


【『Knowledge Deliver』のサービスについて】
『Knowledge Deliver』は、eラーニングの教材制作・学習・管理がワンパッケージででき、さらに掲示板・イベント通知などの機能を持ったグループウェアシステム(CMS)などとの連携が可能です。eラーニングとグループウェアシステムが連携することで、グループや社員同士の情報共有の効率アップを図ることができます。また、一部携帯電話からの利用も可能なため、パソコンが利用できない環境でもeラーニングを利用できます。
また、一般的なLMSにはない、管理機能とコンテンツを制作するオーサリング機能(LCMS:Learning Contents Management System)を標準搭載しているため、eラーニングを行うにあたり必要な教材制作から運用管理まで、すべてがこれだけで実現可能です。外注に依存せずに簡単にコンテンツを自社制作・管理することができますので、よりローコストでスピーディーな運用が可能です。

■株式会社ブイキューブ会社概要
・商号  :株式会社ブイキューブ(V-cube, Inc.)
・所在地 :東京都目黒区上目黒2-9-1 中目黒GS第1ビル8F
・代表者 :間下 直晃(マシタ ナオアキ)
・創業  :1998年10月
・資本金 :404,560,000円
・事業内容:ビジュアルコミュニケーションツールの開発・販売
      企業・教育機関などへのビジュアルコミュニケーション
      サービスの構築・提供
・URL   :リンク
・『nice to meet you』サービスサイト:リンク

■株式会社デジタル・ナレッジ会社概要
・商号  :株式会社デジタル・ナレッジ(Digital Knowledge Co., Ltd.)
・所在地 :東京都千代田区飯田橋4-5-11 パール飯田橋ビル4階/8階
・代表者 :はが 弘明(ハガ ヒロアキ)
・創業  :1995年12月
・資本金 :40,450,000円
・事業内容:教育企業向け商用eラーニングや企業向け社内eラーニングの
      構築を通したコンサルティング、インストラクショナルデザ
      イン、教材制作支援、システム開発、運営、各種パッケージ
      ソフトウェア、トータルにeラーニング構築を支援。
・URL  :リンク
      リンク

■本リリースに関する問い合わせ窓口
株式会社ブイキューブ
広報担当 迫(サコ)
TEL:03-5768-3111 FAX:03-5501-9676 
e-mail: release@pr.vcube.co.jp

■本サービスに関する問い合わせ窓口
株式会社デジタル・ナレッジ
教育サービス事業部 野口・袁(エン)
TEL :03-5215-1131 FAX:03-5215-1132
e-mail: sales@study.jp

このプレスリリースの付帯情報

20090317_「Study.jp(スラッシュ)Live+」ご提供イメージ(ブイキューブ)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事