logo

CIR社は40/100ギガビットイーサーネット市場の調査で、初めての市場が始まる2010年の収益を予測

米国の調査会社CIR社は出版レポートト「40/100ギガビットイーサーネット市場調査:市場、技術、2013年までの予測 - 40/100 GigE Markets: 2009-2013」のプレスリリースにおいて、40/100ギガビットイーサーネットトランシーバーの収益は、2013年に4億8200万ドルに達するという予測結果を発表しました。

【プレスリリース日本語訳】

米国の光通信・ネットワーク産業の調査会社CIR社は、40/100ギガビットイーサーネット製品は、2010年に発売されるだろうと予測している。CIR社の調査レポート「40/100ギガビットイーサーネット市場調査:市場、技術、2013年までの予測 - 40/100 GigE Markets: 2009-2013」の予測によれば、2013年に40/100ギガビットイーサーネットトランシーバーの収益は、4億8200万ドルに達するだろうとのことである。

調査結果の一部
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ 現在、GoogleやAmazonなどの企業は、100ギガ接続を絶対必要としており、経済の後退によって、40/100ギガビットイーサーネットの初期の採用が遅れることは無いだろうとCIR社は考えている。現在のところ、キャリアネットワークを100ギガビットにアップグレードするには、40/100Gbpsの製品群を使うしかない
■ 40/100GigEの未来を形成する機会があるのは、数社の企業だとCIR社は考えている。それは、OEMレベルでは、Cisco、Juniper、Sun Microsystems、Force10、Nortel、トランシーバでは、JDSU、Finisar、Avago、Luxteraである。コンポーネントでは、Xilinx、Altera、IBM、LSI、Gennum、AMCC、Vitesse、Broadcomである。
■ 40Gイーサネットの採用は、まずハイエンドのサーバや高性能のコンピュータアプリケーションで始まるだろう。40GigE環境では、初めは市場の最大80%を40/100GigE規格のSR4バージョンが占めるだろう。しかし、銅線40Gbpsが実行可能になると、SR4バージョンは徐々にCR4にシェアを奪われるだろう。CIR社は、2014年にシリアル40GigEが登場すれば、CR4とSR4の両方がたちまち市場を失うだろうと予測している。
■ CIR社は、10GigEサーバ接続とアクセスポイントが成長すれば、100Gイーサネットがネットワークの中心になると考えている。2012年頃に、100GigEが収入を生成し始めれば、LR4製品群が市場の半分を占め、SR10が20%を占めるだろう。しかし、銅線技術の改良によって、CR10が2016年までに100Gbps分野の約25%のシェアを占めるようになるだろう。
■ 40GイーサネットCRとSR製品群の最初のソリューションは、ベンダが市場化の時間や開発コストを削減することのできるインフィニバンドの既存技術によるものであるだろう。低価格VCSELアレイの製造能力は、特にSR市場の成功にとって重要となるだろう。新技術への投資では、エレクトロニクスと光部品に関する新しい25G技術を必要とする100G LRとER製品群に対して最も大きな投資がなされるだろう。レーザ、変調器ドライバ、PINダイオード、TIA、SERDES技術などである。

調査レポートに関して
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
CIR社は、設立以来、40/100GigEに注目してきた。この調査レポートは、IT投資やキャリアのCAPEXが削減傾向にある現在の経済状況をも勘案して、ビジネスチャンスを分析している。40/100GigE市場のアプリケーションやシステム、需要の大きさなどを調査し、メトロ(大都市圏)や長距離のネットワークにおいて、またデータセンターにおいて、40/100GigEが如何なる役割を果たすのかを査定している。40/100GigEの製品発売までの技術ロードマップと、トランスミッションフォーマット、MSA、主要企業の40/100GigE戦略について議論している。


【調査レポート】
40/100ギガビットイーサーネット市場調査:市場、技術、2013年までの予測
40/100 GigE Markets: 2009-2013
リンク

CIR社について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。