logo

かざか証券FX『My外貨』新取引画面「Advance」のお知らせ

タイミングは逃さない。
ワンクリック注文機能、投資に必要な情報が一つの画面に。
取引の利便性を高める機能を追加!


かざか証券株式会社(代表取締役社長:吉岡玲、本社:東京中央区)は、2009年3月9日(月)より、かざか証券『My外貨』(外国為替保証金取引 以下省略)において新取引画面「Advance(アドバンス)」をリリースいたしました。


<ねらい・背景>
『My外貨』の新取引画面「Advance(アドバンス)」におきましては、従来の取引画面とは別にお取引に特化した画面をご用意させていただくことにより、お客様にとって利便性の高い環境を提供させていただきました。ワンクリック注文機能や取引に関する情報パネルや機能パネルを一つの画面で同時に見ることができるような機能などを追加しております。


<新取引画面の特徴>
新取引画面「Advance」には、既存取引画面「Basic」にはなかった、より取引の利便性を高める機能を下記のとおり追加しております。

1. ワンクリック注文機能でタイムリーなレートでスピーディーに取引することが可能です。
2.取引に関する情報パネルや機能パネルを一つの画面で同時に見ることが可能になりました。
  レート、チャート、ニュース、ポジション照会、注文照会などの各種情報を確認しながらお取引いただくことが可能です。
  また各種パネルのレイアウトカズタマイズしていただくことが可能です。
3.新技術のFlexを利用した斬新なインターフェイスとなっております。
 ※既存取引画面「Basic」も従来どおりお取引いただくことが可能です。


 新取引画面の説明サイト
 リンク


●ご投資にかかる手数料等およびリスクについて
FX(外国為替保証金取引)は元本が保証されたものではありません。取引を開始された後に、取引対象である通貨の価格がお客様にとって不利な方向に変動した場合は、お客様は損失を被ることとなります。さらにマーケットの変動如何によっては取引金額がその取引についてお客様が預託すべき保証金の額に比して大きいため、その損失の額が保証金の額を上回ることがあります。マーケットは各国の経済環境、社会情勢、金利動向等により常に変動しています。
当社が提示する為替レートには売値と買値に差額があります。相場状況の急変により、売値と買値のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。

■手数料について
売買自体にかかる手数料は、1取引単位あたり片道300円を上限として徴収します。当社の取引レートには売値と買値に差(スプレッド)があります。このため新たにポジションを保有された直後に反対売買により決済した場合でも、売値から買値を減じた差額に取引数量を乗じた金額の損失が発生しますのでご注意ください。

■レバレッジと取引保証金
レバレッジ(てこの作用)は実際の投資した資金に比べて大きな取引が可能なため大きな利益が期待できる半面、予想した相場と違った場合には損失も大きくなります。当社ではレバレッジは最大で保証金の約200倍まで選択可能です。取引保証金は注文時に選択する取引通貨・レバレッジにより異なります。初回入金5万円、最低取引保証金6千円から。取引保証金の額や料率は為替相場の変動により、変更になる場合がございます。詳細はMy外貨サイト内「取扱通貨ペアと取引保証金」をご確認ください。

■自動決済(ロスカット)
一定の時間間隔で行われる時価評価により口座維持率が当社の定める水準を下回ることとなったときは、損失を一定で抑えることを目的にシステムで自動決済(ロスカット)を行っておりますが、マーケットの状況や決済のタイミング等によっては執行される価格が計算上の自動決済の水準から大きく乖離することがあり、お客様が当社に預託された金額以上の損失となる可能性がありますのでご注意ください。

■クーリングオフ
お客様が注文執行後に当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)はできません。
リスクの詳細はMy外貨サイト内「外国為替保証金取引説明書・約款・システム利用規程」をよくお読みください。


…………………………………………………………………………………………………………
【お問い合わせ】
かざか証券 FX『My外貨』リンク
メール support@mygaika.com
電話 0120-923-213 (フリーコール)
FAX 098-897-9161
営業時間 月曜日午前7:00~土曜日午前6:50(土日除く24時間対応)
     ※夏時間の土曜日は午前5:50まで
…………………………………………………………………………………………………………
【当社に関する事項】
かざか証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第58号
加入協会 日本証券業協会、社団法人金融先物取引業協会

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。