logo

Huawei、ZTE、Nortelが大きな収益をあげて5%上昇した2008年第4四半期の光ネットワークハードウェア市場

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、2008年、光ネットワークハードウェア市場は好調だったと報告する。

カリフォルニア州キャンベル、2009年2月27日
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の調査レポート「光ネットワークハードウェア」の2008年第4四半期出版号が注目しているのは、下記のとおりである。
[主席アナリストMichael Howard氏の注目点]
光ネットワークハードウェア市場は、経済状態やユーロ下落を勘案すれば、2008年第4四半期と2008年通年は好調だった。モバイルやデータ通信量の上昇やモバイルブロードバンド加入者数の急増によって、機器のアップグレードは急務である。通信市場一般において、特に光市場での問題は、サービスプロバイダが2009年後半に投資を引き上げて、1年の遅れを取り戻すかどうかということだが、いまだにそれは不明である。
(中略)

[レポートの概要]
この調査レポートは、ADTRAN、ADVA Optical、Alcatel-Lucent、BTI、Ciena、Cisco、Corrigent、ECI、Ericsson、富士通、Huawei、Infinera、日本電気、Nokia Siemens Networks、Nortel、OpVista、Sycamore、Tejas Networks、Tellabs、Transmode、Turin、ZTE、Xteraなどの企業を調査している。
この調査レポートは、SONET/SDH (伝送、MSPPとクロスコネクト)、WDM (ROADM、DWDM/CWDM伝送)、第1・第2世代のPOTSの、世界の地域毎の市場シェア、市場規模、2013年までの予測、大都市圏と長距離光機器の分析を提供する。世界と地域毎の、ポート/速度データ、分析、収益、ポート毎の年間の市場規模と予測、イーサネット、Sonet/SDH/POS、WDMのタイプ・速度毎のポート収益も記載している。

◆調査レポート
光ネットワークハードウェア
リンク

◆米国インフォネティクスリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事