logo

組込み製品のワイヤレスセキュリティを簡素化する 「NET+OS7.4」を発売

Wi-Fi Protected Setupを搭載したソフトウェアプラットフォームの最新版

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、このたび、
組込みネットワークシステム開発向けのロイヤリティフリーのソフトウェアプラットフォームの最新版、「NET+OS 7.4」を発表しました。

NET+OS 7.4は、Wi-Fi Protected Setup(WPS)を搭載し、組込み製品におけるセキュリティの設定をシンプルにし、展開を容易にします。WPSは、ワイヤレスネットワークの簡単かつセキュアな設定を実現するためにWi-Fi Allianceによって策定されたもので、ワイヤレスネットワーク向けにWPAとWPA2パラメータを自動設定します。これにより、組込み開発者はDigiの組込みワイヤレスモジュールを採用した組込みワイヤレス製品に、容易にWPS設定を提供することができます。


「WPSを搭載したNET+OSは、ワイヤレス製品をこれまで以上に使いやすくします。WPSはワイヤレスセキュリティを改善し、テクニカルサポートを軽減します。組込みワイヤレス機器におけるWPSの需要は増加しており、当社は、Digiの組込みモジュールを採用したワイヤレス製品のWPS認証をカスタマが行うことをより簡単にします」と、Digi Internationalのグローバルセールス&マーケティング上級副社長のラリー・クラフトは話しています。


WPSは、医療機器での患者情報の保護、あるいは小売やゲーム機器での財務データの移動の保護といった、強固なワイヤレスセキュリティおよび完璧なデータが要求される環境に適しています。NET+OS 7.4は、Digiの組込みモジュールを用いてセキュアな組込みワイヤレス製品を開発するための理想的なソリューションです。また、Digi自身が持つNET+ARMプロセッサと組込みモジュール向けに特化して設計・最適化された、すぐに使えるソリューションを提供します。WPSに加え、NET+OS 7.4は、Express LogicのThreadXリアルタイムOSのロイヤリティフリーでの配布、Digi ESP、Eclipseベースの統合開発環境、豊富なネットワークおよびセキュリティサービスを同梱しています。


WPSを搭載したNET+OS 7.4 ジャンプスタートキットは、65,800円(税別)。NET+OS 7の初期バージョンのカスタマは無料アップグレードにより入手可能です。詳細は、リンク digi/arm-embedded/softwares/networks.htmlをご参照ください。


■ディジ インターナショナルの概要
社名 : ディジ インターナショナル株式会社
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町22-14 NESビルS棟8F
TEL 03-5428-0261  FAX 03-5428-0262
代表者 : ジョー・ダンズモア(代表取締役 兼 米国Digi International 社CEO)
設立 : 2001年3月1日
資本金 : 1,000万円
URL : リンク

このプレスリリースの付帯情報

NET+OS7

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。