logo

サーヴァンツ、業界初のディスプレイ・コントローラ搭載 ネットワークプロセッサ、MosChip MCS8142/8144の販売開始 - ギガビットイーサネット、PCI Express対応 【サーヴァンツインタナショナル(株)】

- SOHO、NAS デジタル・サイネージ、POS、工業用途、コンシューマエレクトロニクスなど、広範なマーケット向け製品に最適なネットワーク・アプライアンス・プロセッサ、MCS8142/MCS8144 -

海外先進半導体ソリューションのプロバイダであるサーヴァンツインタナショナル株式会社 (本社:東京都調布市、代表取締役社長:古田雅一、以下サーヴァンツ) リンク は、PCI Express(PCIe)、ギガビット・イーサネット、ディスプレイ・インタフェースやその他の機能をシングル・チップでサポートする業界初のネットワーク・アプライアンス・プロセッサ(NAP)、MosChip MCS8142及びMCS8144 リンク の販売を開始します。MCS8142は、コンシューマ ネットワーク・アタッチド・ストレージ(NAS)、PC、及びメディアドッキング・ステーション、SOHO、ホームネットワーク、メディア・サーバ等の多彩なアプリケーションに御使用いただけます。MCS8144はデジタル・サイネージ、POS、PCおよびメディアドッキング・ステーション、スマート VOIP ゲートウェイ他、デジタル・ディスプレイのアプリケーションに最適です。

MosChipの新しいネットワーク・アプライアンス・プロセッサ(システムオンチップ)は、525 MHzで動作する強力なARM9(TM)プロセッサを搭載しており、このクラス最高のパフォーマンスを提供できるようデザインされています。短期間で製品を設計し市場に投入できるよう、評価システム、LinuxおよびWin CE OS対応のドライバやファームウェア、アプリケーションレベルのソフトウェアを含む総合的なシステムソリューションが用意されており、迅速な設計・製品化、開発投資の削減、材料コストの効率的な管理が実現できます。MCS8142、MCS8144は共に、ギガビット・イーサネット、PCIe、USB、DDR-IIメモリインタフェースなど必要な機能をサポートしており、MosChipが提供するトータルソリューション(ハードウエア設計資料、各種アプリケーションソフト)を御使用いただくことで、ターゲットとするアプリケーションに最適な製品が実現可能です。

MCS8142は256ピンのTFBGAパッケージで提供されており、x 1レーン PCI Express ポート 1個、USB 2.0 ポート2個(ホストポート+OTGポート)、10/100/1000Mb/s イーサネットポート 1個とDDR2 SDRAM メモリコントローラを備えており、16C550互換のUART、I2C、SPI 及びGPIOなどのポートもサポートしています。

MCS8144はMCS8142と同じ機能を備えていますが、292ピンTFBGAパッケージで御提供しており、x1レーン PCI Expressポートを2個備えています。さらに、TFTパネルへのダイレクト接続のためのLVD 6/8ビットFPDリンクと、TFT/STN LCD及びテレビ・モニタ接続の為のRGB 24ビット、DVI、12ビットインタフェースを備えたディスプレイ・コントローラも内蔵しています。このディスプレイ・コントローラはQVGA、VGA、SVGA、XVGA、WXGAの解像度をサポートしています。

MosChipのMCS8142、MCS8144のどちらも、システムのコントロール、ネットワークへの接続、USBによる外部機器との接続に最適な製品です。また、MCS8144はディスプレイ機器とも接続できる、ネットワーク機器のセントラルプロセッシングにも適しています。動作クロック525MHzに強化されたCPUパフォーマンスにより、システムのパフォーマンスを犠牲にすることなくデータ処理量の多いアプリケーションをサポートします。PCIeはデュアル・モードに対応しており、性能のスケールアップが可能です。システムバス上の各デバイスへのポイント・トゥ・ポイント リンク、ローレイテンシ、QoS(Quality of Service)も提供し、確実な帯域を確保します。さらにUSBやPCIeインタフェースに接続する外部WLANやストレージの追加オプションもサポートされます。ギガビット・イーサネット機能では、TCP/IP/UDPハードウェア・アクセラレーションもサポートしています。セグメンテーションとIPチェックサムのオフロード処理により、高いパフォーマンスとCPU負荷の軽減を実現します。

MosChipのCOO、Bhanu Nanduriはこう語っています。「MCS8142およびMCS8144 はこのクラス最高の性能と価格を提供するMosChipの第二世代ネットワーク・アプライアンス・プロセッサです。この独創的で画期的なデザイン・パッケージをご採用いただければ、USBサーバ、NAS、POS、デジタル・サイネージ、シリアル・オーバーIP、PCおよびメディア・ドッキング・ステーション等の製品を、驚異的短時間で製品化することが可能になります。」

MosChipはすでに、e-con SystemsやIdealBT Technology Coportaion等にMCS8142、8144の総合システム・ソリューション提供を開始しています。

MosChip MCS8142、MCS8144 リンク に関するお問い合わせは下記まで。

----------------------------------------------------
問い合わせ
----------------------------------------------------

会社名: サーヴァンツインタナショナル株式会社 (Servants International Corporation)
所在地: 〒182-0024 東京都調布市布田1-29-2 ビルディング川口3F
TEL: 042-488-9649 / FAX: 042-488-9648
お問い合わせ: リンク

----------------------------------------------------
MosChip(モスチップ)について
----------------------------------------------------

MosChip Semiconductor Technology(モスチップ・セミコンダクタ・テクノロジー)は、インドのハイデラバードに本社を持つ高性能インタフェース・コントローラおよびネットワークIC製品のリーディング・プロバイダであり、PCI/PCIe、USB、IEEE 1394、シリアル/パラレル・インタフェース、システム・オン・チップ製品等を専門としています。インドでデザインされたモスチップ製品は台湾の世界クラスの工場で生産され、アメリカのオフィスを通じて世界に販売されています。

MosChip製品情報: リンク

----------------------------------------------------
サーヴァンツインタナショナル株式会社について
----------------------------------------------------

サーヴァンツインタナショナル(株)は、世界のユニークな先端技術とソリューションを提供している、ハイクオリティ・サービス・プロバイダです。データセンタで活用されるストレージネットワーキング、サーバクラスタリング、海外先進半導体ソリューションのエキスパートとして、海外のメーカーと日本のお客様をつなぐ架け橋となるべく、高品質の製品とサービスをお届けしています。

サーヴァンツ ホームページ: リンク
サーヴァンツ 会社概要: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。