logo

[音声合成のエーアイ:新製品発表]  話者の特徴を学習した声のデータベース&組み込み用音声合成ソフト3月供給開始・・・音声合成ソフトARM版「AITalk」

株式会社エーアイ 2009年02月17日 13時00分
From ValuePress!

 音声合成ソフトの株式会社エーアイ(本社:東京都港区、取締役社長:山田 秀樹、以下 エーアイ)は、音声合成ソリューション 「AITalk(エーアイトーク)」シリーズの新製品として、組み込み音声合成ソフトARM版「AITalk」を3月より供給開始します。
 ARM版「AITalk」は、PC版「AITalk」と同等の高性能を維持しながら、全世界で最も使用されている省電力型32bit CPU・ARM(ARM9以降)で動作可能になりました。ARM版「AITalk」は、人の声をデータベースに用います。既製の話者データベース(女性2名、男性1名、女の子1名、男の子1名)だけでなく、現在はビジネス向けサービスではございますが、「あなたの声データベース」作成サービスにより、老若男女問わず、あらゆる人の声をデータベース化することができます。話者の声を収録する際に、エーアイ独自技術で話者の特徴を捉えた話者のデータベース「あなたの声データベース」を作成しており、ARM版「AITalk」と「あなたの声データベース」を組み込んだ機器は、話者本人が実際に語りかけているような錯覚に陥るかもしれません。
 あらゆるテキストデータを人間の声で再現できれば、アニメやSF映画の中で車や宇宙ステーション、家電製品が人間の声でしゃべっていたシーンが、実現の世界になります。組み立てラインの音声ガイド、家電や携帯マニュアルの組み込み音声化、防犯カメラと連携した音声情報通知、交差点の注意情報、エレベータ待ち時間中の情報通知(到着予想時間、乗客数、各階の待ち人数 広告)、ICタグの音声通知、宅配ルート案内・留守などによる変更対応等々も実現可能です。
 音声合成ソフトは格段に進歩し、もはや録音のつなぎ合わせや機械音ではありません。音声合成の専業会社であるエーアイでは、あらゆる製造業の皆様に組み込んで頂けるよう、まずはARM版「AITalk」の組み込み用ソフトのライセンス提供を3月より開始します。また、ライセンス提供のみではなく、あらゆるCPUや機器への組み込み相談に応じます。

ARM版「AITalk」スペック
CPU :ARM9 100MHz以上
OS :LINUX、iTRON、WindowsCE5.0以降
メモリ:ワークエリア 22Mbye以上
    データベース 256Mbyte以上

『音声合成体験サイトのご案内』  リンク
ARM版「AITalk」は、PC版「AITalk」と同じ性能です。音声合成ソフトの音質もここまで向上しています。
日本語:現在5名(女性2名、男性1名、男の子1名、女の子1名)
外国語:英語(アメリカ、イギリス)、中国語(北京語・広東語・台湾語)、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、韓国語

「AITalk(エーアイトーク)」 : AI(Artificial Intelligence:人工知能)Talk(音声)
「AITalk」は、従来からの録音合成方式や機械音声とは異なり、株式会社国際電気通信技術研究所 (以下ATR)で研究が開始された人の声をデータベースとしたコーパスベース音声合成の系譜をついでいます。平成15年エーアイ創業(ATR他の出資)以降も独自の研究を続け、コーパスを出来る限り小さくし、録音時の話者の特徴をできるだけ忠実に再現する新しいコンセプトの学習型コーパスベース音声合成「AITalk」を独自開発し、平成19年4月より販売しておりまます。
「AITalk」シリーズ
・Server (マルチスレッドサーバ製品:Windows、LINUX)
・SDK   (PC組み込み用ソフトウエア:Windows、LINUX)
・ARM版「AITalk」 : 今回発表製品
・声の職人(音声ファイル作成、チューンアップツール):8万円/月から
 「声の職人」販売促進キャンペーン実施中(2009年2月28日まで)
リンク

「あなたの声データベース」作成サービス
<内容>実録音時間1時間弱の「あなたの声」を収録し、当社専門技術者が約1ヵ月音声データベース化作業を行います。収録は30から40文字程度の原稿500+「用途別音声」をスタジオで読み上げて頂きます。収録に要する時間は、読む速度、読み間違い等個人差があり、最短で3から4時間程度かかります。
リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エーアイ リンク
担当 山田
〒108-0014 東京都港区芝5-33-7 徳栄ビル8F 
TEL:03-5969-8922  FAX:03-5969-8923
e-mail:info@ai-j.jp


《関連URL》
リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。