logo

ケンコーコム、パブリックコメント結果に関し、 「郵便その他の方法による医薬品の販売等に関する意見」の97%が、 規制に反対の意見であったことについて、コメントを発表

健康食品や医薬品などをインターネットで販売するEコマース(以下、EC)サイトを運営するケンコーコム株式会社(代表取締役:後藤玄利)は、2月6日に公布された『薬事法施行の一部を改正する省令』(以下省令)と同時に厚生労働省より発表された、同省令案に関するパブリックコメントの結果に関し、以下のコメントを発表いたします。





【97%におよぶ郵便等販売の規制に「反対」する意見が、一切反映されていないことについて】
  
 厚生労働省によって「賛成」または「反対」として分類された、当該部分に関する意見2,353件について、その内訳を電話にて厚生労働省医薬食品局に問い合わせたところ、「賛成意見50件、反対意見2,303件。その他意見が23件」との回答を得ました。
 
 これは厚生労働省が、国民から寄せられた意見のうち97%におよぶ郵便等販売の規制に「反対」する意見を一切反映することなく、省令案とほぼ同一内容の省令を公布したことを示しています。

当社は、郵便等による医薬品販売を必要とする意見が2,303件も国民から寄せられているにも関わらず、強硬に規制を盛り込んだ省令が公布されたことついて、大変遺憾に思います。



【国民的議論のための、あらたな検討会にむけて】


 舛添厚生労働大臣直轄での開催が新たに決定した、『医薬品新販売制度の円滑施行に関する検討会』において、その構成委員は本省令に関わる過去の検討会の構成委員で大多数を占められています。しかし今回の検討会の場においては、パブリックコメントで寄せられ、且つ省令では一切省みられることの無かった2,303件、97%におよぶ国民からの規制に反対する意見を各委員が重く受け止め、その意見を充分に反映させた、真に国民的な議論がなされることを、強く望みます。
 
 尚、当社はパブリックコメントの結果発表を受けて、同日、厚生労働省に対し、行政手続法に基づき、寄せられた意見の全文閲覧の申し込みをいたしました。現時点では、個人情報保護などの理由から厚生労働省より閲覧の準備が出来ていない旨の回答を得ています。当社は国民からの意見の詳細を吟味するために、今後も引きつづき早急な全文閲覧を求め、申し入れをおこなってまいります。

 また一般用医薬品の販売全般に関し、その方法に関わらず、安全・安心に販売されるような体制を整えるべく、新たな検討会に積極的に関与してまいります。


<参考>
「薬事法施行規則等の一部を改正する省令案」に関する意見の募集結果(PDFファイルが開きます)
リンク


【ケンコーコムの概要】(リンク
2000年5月にスタートした健康食品、医薬品、健康機器など健康関連商品のECサイト。取扱商品数11万点以上(2009年2月現在)。2004年6月に東証マザーズ上場。


【お問い合わせ先】
ケンコーコム株式会社 広報室 高須賀(タカスガ) TEL:03-3584-4138 MAIL: pr@kenko.com

このプレスリリースの付帯情報

医薬品の通信販売規制に関するパブリックコメント図.jpg

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.kenko.com/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事