logo

エントリーレベルのFortiDB-400BとハイエンドレベルのFortiDB-2000Bを発表

モニタリング機能と包括的な監査ツールも追加

UnifiedThreatManagement/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet<R>(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、FortiDB<TM>データベースセキュリティ製品ファミリーに、FortiDB-400BおよびFortiDB-2000Bという新モデルが加わったことを発表しました。既存のFortiDB-1000Bにこの2製品が加わったことにより、当データベースセキュリティ製品ファミリーの品揃えが充実したことで、大規模、中規模、小規模のすべての企業がそれぞれ最適な製品を選べるようになりました。さらに、FortiDBデータベースセキュリティアプライアンス の 脆弱性評価(VA:Vulnerability Assessment)ソリューションに、モニタリングおよび監査の新機能が追加されました。この新しいツールにより、年中無休またはスケジュール・ベースのモニタリングと完全な監査証跡が可能になるため、組織はPCI-DSS(Payment Card Industry-Data Security Standard:ペイメントカード業界データセキュリティ基準)などの法規制順守に対応できます。企業データベースには貴重なデータが含まれるため、近年ますます犯罪行為の標的となりつつありますが、FortiDBの新機能は既存のVAツールと組み合わさることで、企業データベースを保護する包括的で豊富なツールセットとなります。


フォーティネットの創業者で同社のCTO(最高技術責任者)であるマイケル ジー(Michael Xie)は次のように述べています。「データサイフォニングが、現在そして将来にわたって、あらゆる規模の企業に対する現実的かつ差し迫った脅威となることは確かであり、データ保全性と法規制コンプライアンスを確実に実現する、幅広さと奥行きを持ったソリューションが必要です。それを念頭に置いて作られたのが、必須のデータベースセキュリティ機能をひとつのプラットフォームに統合したFortiDBであり、この製品はあらゆる規模の組織に大きな価値を提供します」


包括的なデータベースセキュリティのツールセット
FortiDB製品ファミリーは下記の3つの独自のツールを提供し、一見すると合法的ユーザーによるものに見えるケースも含め、外部および内部関係者による企業が保有するデータや個人情報の盗難を防ぎます。


●年中無休のデータベース活動のモニタリングDAM(Database Activity Monitoring) - コンプライアンスの要件を満たすため、企業は24時間体制でデータの誤りや悪用を防止する管理体制を導入しなくてはなりません。FortiDBアプライアンス は継続的な24時間体制、またはスケジュール ベースのモニタリングを提供するため、管理イベントからユーザー活動に至るまで、あらゆる種類のデータベース活動が把握できます。


●データベースの監査 - 完全かつ正確な監査証跡のためにデータベース活動を記録します。独立した監査ストレージにより、監査の完全性を実現する、さらなるセキュリティレイヤーがもたらされます。


●脆弱性評価 - 昨年発表のFortiDB-1000Bに搭載されたこの機能は、パスワード、アクセス権、コンフィギュレーション設定にひそむ脆弱性を探知することにより、データベースを「強化」します。また、システム管理者に潜在的脅威を警告し、改善策をアドバイスします。ポリシー主導の自動化されたコントロールにより、手作業のプロセスが減ってデータベース管理者(DBA)の時間が節約できるとともに、DBAが退職した場合に備え、情報の露出を低減できます。


ITコンサルティング企業であるSecurosis(セキュロシス)社の創業者であるリッチ モーガル(Rich Mogull)氏はレポート「Understanding and Selecting a Database Activity Monitoring Solution(データベース活動モニタリングソリューションの理解と選定)」の中で次のように述べています。「DAMツールは、セキュリティおよびコンプライアンスにとって、強力かつ即効性があり、非侵入というメリットがあります。さらに、データベースおよびアプリケーションの包括的保護のための長期的プラットフォームにもなります」


この度、フォーティネットは、中規模企業向け製品であるFortiDB-1000B に加え、エントリーレベルおよび大企業向けの製品を発表し、それぞれの企業にとって最適なサイズが選べるようにすることで幅広い企業の要望に応えていきます。FortiDB製品ラインは下記の通りです。


●FortiDB-2000B - 大規模企業向けで、最大60のデータベースインスタンスをサ
ポート


●FortiDB-1000B - 中規模企業向けで、最大30のデータベースインスタンスをサ
ポート


●FortiDB-400B - 中小企業向けで、最大10のデータベースインスタンスをサポート


フォーティネットのパートナーであるカルソフト システムズ社(Calsoft Systems)は、お客様のリソース利用の改善、コスト削減、いっそう効果的なITサービスを実現する、手ごろなITサービス、ソリューション、IT戦略を提供しています。


カルソフト システムズのネットワークサービス担当ディレクター、モリ コウジ氏は次のように述べています。「カルソフトの強みのひとつは、提供するITソリューションの幅と奥行きです。FortiDBファミリーの機能および製品ラインの拡大は、まさにそれにかなったもので、当社のお客様にとって大きな価値となります。お客様は、フォーティネットがデータベースセキュリティに採用している包括的アプローチを必ずや歓迎するものと思います。フォーティネットと協力し、お客様のセキュリティ課題を解決していくことを楽しみにしています」


FortiDBデータベースセキュリティアプライアンス はOracle、DB2、Sybase、MS SQL Serverなどを含む異機種環境をサポートします。フォーティネットのデータベースセキュリティソリューションの詳細はリンクをご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

フォーティネット会社概要 (リンク)
フォーティネットは複合脅威に対応するASICベースのUTMシステムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティシステムは、セキュリティ性を高めるとともにトータルコストを下げることから、多くの企業やサービスプロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティプロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパムなど)を統合するために作られており、ネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から顧客を守るよう設計されています。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理 報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから7種類の認定(ファイアウォール、アンチウイルス、IPSec、SSL、IPS、アンチスパイウェア、アンチスパム)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事