logo

世界の通信サービス市場 (第19版) 2008年の世界の成長率は4.2%に下落、産業国ではわずか1.4%

フランスの調査会社イダテ社は、固定電話、携帯電話、データ通信、インターネットに関する調査資料を刊行した。

2009年1月15日
フランス調査会社イダテ社の調査レポート「世界の通信サービス市場 (第19版)」は、通信産業の主要セグメントである固定電話、携帯電話、データ通信、インターネットについて調査・分析し、45の市場と今後5年間の市場予測を提供している。

「2008年の世界の通信サービス市場は1兆3650億ドルで前年比4.2%の上昇、2009年は1兆4160億ドル以上と予測している」と調査レポートの著者Didier Pouillot氏は語る。

2008年の通信サービスセクターは大きく下落
世界の通信サービス市場は、2005-2008年の過去3年間は、年平均成長率6%で成長してきたが、2008年に落ち込み、成長率は4.2%に下落、総取引高は1兆3650億ドルであった。数年前からの固定音声通信市場の下降、モバイル市場の飽和などの構造的な要因と、世界的な景気減速や、財政の悪化が重なったためである。
(後略)

◆調査レポート
世界の通信サービス市場 (第19版)
リンク

◆仏イダテ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事