logo

日立建機株式会社のシステム開発環境において、「Resalio Lynx」の導入が実現!

日立建機株式会社のシステム開発環境において、 MPTのUSB型シンクライアント「Resalio Lynx」の導入が実現。

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の統制IT基盤提供サービス「SecureOnline」の
開発拠点用シンクライアント端末として導入。
ロケーションフリーで開発できる統一の環境づくりを実現。

株式会社エム・ピー・テクノロジーズ(以下、MPT)のUSB型シンクライアント「Resalio Lynx」が、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の統制IT基盤提供サービス「SecureOnline」の開発拠点用シンクライアント端末として、世界的な建設機械メーカー「日立建機株式会社」のシステム開発環境に導入されましたので、お知らせいたします。

日立建機株式会社は、経営のグローバル化に伴いシステム開発規模も年々複雑化・大規模化されています。一方で、IT業界の好調により、開発人員の確保が難しく、人の入れ替わりも激しい中、コンプライアンスや情報漏えい対策、開発PCの調達や場所の確保など、コスト増の要因に対して、如何にローコストで最適な開発インフラを用意し、かつ、開発効率を落とさないようにできるかが課題でした。

今回の取り組みにより、シンクライアント型のセキュアな開発環境を構築。開発パートナーが同一環境で開発できるロケーションフリーの環境を整備され、大規模なシステム開発にも迅速に対応できる体制づくりを行われています。

今後もMPTは今回導入実現したUSB型シンクライアント「Resalio Lynx」を始めとしたシンクライアントソリューションにより、コスト削減やより進化したITセキュリティ確保といった企業課題に対応してまいる所存です。

--------------------------------

<日立建機株式会社>
世界的建設機械メーカー。油圧ショベルを主力とし、建設機械の製造と販売や、建設機械のレンタル事業、環境関連分野を行っている。建設機械業界では
日本で2位、世界3位グループの規模を誇る。
本社所在地:東京都文京区後楽二丁目5番1号
設立:1970年10月
資本金:815億7,659万円(2008年3月末日現在)
従業員数:単体3,529名 連結16,117名(2008年3月末日現在)
事業内容:建設機械・運搬機械及び環境関連製品等の製造・販売・レンタル・アフターサービス
リンク

--------------------------------

【プレスリリースはこちら】
リンク

【導入事例はこちら】
リンク

【Resalio Lynxとは?】
リンク

--------------------------------

■東証マザーズ上場(3734)

所在地 : 東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ヶ谷ビル
設立  : 2000年3月
代表者 : 代表取締役会長:吉本万寿夫
資本金 : 56億3,204万円(2008年12月31日現在)
URL : (リンク)

*記載の会社名および製品、商品名は、各社の商標または登録商標です。


<報道関係のお問い合わせ先>
株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 
マーケティングチームPR担当
TEL:03-5298-1551 FAX:03-5225-2502 
E-mail:pr@mptech.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事