logo

UWB市場は急速に後退しつつも、進歩もある

米国の調査会社インスタット社は、WiMediaとプロプライアタリバージョンの両方のウルトラワイドバンド技術の世界市場を調査し、主要関連製品の2012年までの出荷数予測結果や市場セグメントの分析やシリコン企業・IP企業のプロフィールなどを掲載した「UWB市場調査 2008年:市場概況、技術、関連企業、2012年までのアプリケーション別予測 - UWB 2008: Short-Term Problems and Long-Term Potential」レポートを出版し、プレスリリースを発表しました。

【プレスリリース】
2008年は、ウルトラワイドバンド(UWB)技術にとって厳しい年であったと、米国調査会社インスタット社は報告する。UWBチップメーカーは、2008年半ばに3社減少して、今は4社である。Focus Semiconductorは破産を宣告、WiQuestは廃業、Intelは計画を中断、ArtimiとStaccato Communicationsはベンチャー投資家の勧めによって合併した。

「これらの動きは予測されていたが、UWBデバイスの出荷数が下降するに伴って、市場のUWB技術の頓挫の噂が持ち上がった。明るい材料としては、UWB機能搭載のモバイルPCが急速に伸びていることがあげられる。2008年のその他の好材料は、世界標準の標準化と、世界の多くのメーカーがUWBチップのSKU(商品を識別する固有の文字・番号)を採用したことである」とインスタット社のアナリストBrian O'Rourke氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 2008年、26万5000台のPCにUWBが搭載された
■ 2008年のUWB周辺機器は、アフターマーケットUWBハブとアダプタであった
■ 2008年に、日本で世界初のUWB機能のあるデジタルテレビが出荷された

インスタット社の調査レポート「UWB市場調査 2008年:市場概況、技術、関連企業、2012年までのアプリケーション別予測 - UWB 2008: Short-Term Problems and Long-Term Potential」は、 WiMediaとプロプライアタリバージョンの両方のウルトラワイドバンド技術の世界市場を調査した。主要な製品カテゴリーのウルトラワイドバンドの普及率と、UWB搭載カードやドングルの出荷数、UWBネットワーク出荷ポート数、UWB機能搭載デバイスの出荷数を2012年まで予測し、市場セグメントの分析やシリコン企業・IP企業のプロフィールを提供している。

【調査レポート】
UWB市場調査 2008年:市場概況、技術、関連企業、2012年までのアプリケーション別予測
UWB 2008: Short-Term Problems and Long-Term Potential
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。