logo

「09 太陽光発電市場の実態と将来展望」を販売開始

~世界的に導入が進む太陽電池~

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'09 太陽光発電市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成21年1月23日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
     「09 太陽光発電市場の実態と将来展望」を販売開始
        ~世界的に導入が進む太陽電池~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「09 太陽光発電市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

詳細ページ:リンク


■■ 資料概要 ■■

太陽光発電は、CO2削減の観点から無公害エネルギーとして期待されており、世界的にも重要なエネルギー源の一つに位置付けられています。世界の太陽電池出荷量は2008年度で前年度比約31%増の4,500MWを突破する見込です。主な地域別出荷量では日本が同26.7%増の1,252MW、欧州が同17.5%増の1,210MW、米国が同19.5%増の318MW、その他の地域は同19.4%増の1,730MWとなるとみられています(弊社推定)。

2007年度の太陽電池世界出荷量は3,733MWと前年度比50.9%の増加となりました。主な地域別出荷量では日本が988MW(弊社推定含む)で前年に続きトップを占めています。以下、中国821MW、ドイツ780MW、台湾368MW、アメリカ266MWと続いています(参考:米PVNews)。特に中国及び台湾では前年度比2倍以上の伸びとなっており、成長力という点では最も目を引いています。

企業別では、独Q-Cellsが前年よりも53.8%も伸長して389MWとなり、シャープを抜いて世界首位を獲得しました。同2位となったシャープは、シリコン原料不足の影響などもあり363MWと前年度比17.4%の減少となりました。世界3位に浮上したのが中国サンテックで同207%増の327MWとなりました。以下京セラ及び米ファーストソーラーが207MWと続き、台湾モーテックが196MWと同6位に上昇しています(07年度実績)。

我が国における太陽光発電市場は、累積導入量ではドイツに首位を奪われたものの、開発力、生産力、品質などは世界を牽引する力量を持ち合わせているといえます。2008年後半の世界的不況により、太陽電池市場の拡大化に疑問の声も挙がっているものの、政府が発表した「低炭素社会づくり行動計画」により、メーカー各社は太陽電池生産能力の拡大化を計画しています。

本資料は、業界情報に基づき、弊社独自による推移予測のほか、生産、技術開発などを含めた主要各社の実態と今後の動向等について、編纂したものであります。


■■ 資料目次 ■■

第I章 太陽光発電市場の将来性
1.太陽光発電市場概要と展望
(1)太陽光発電市場の実態(世界・国内)
  太陽電池世界出荷量/国内導入実績と目標
  グラフ:世界出荷量推移予測/シェア/世界地域別出荷量/システム別国内導入量/その他
(2)太陽光発電市場の業界構造(表)

2.太陽電池セル出荷量推移予測(~2016年度)
(1)太陽電池セル出荷量推移予測/シェア
(2)太陽電池セル別出荷量推移予測/シェア
 ・単結晶セル出荷量推移予測
 ・多結晶セル出荷量推移予測
 ・薄膜型(アモルファス他)出荷量推移予測
 ・ハイブリッド他セル出荷量推移予測
(3)メーカー別太陽電池セル出荷量推移予測
 多結晶/薄膜型(アモルファス)/ハイブリッド
(4)太陽電池セル別出荷量推移予測/シェア

3.太陽電池モジュール出荷量推移予測(~16年度)
(1)太陽電池モジュール出荷量推移予測/シェア
(2)太陽電池モジュール別出荷量推移予測/シェア
 ・単結晶モジュール出荷量推移予測
 ・多結晶モジュール出荷量推移予測
 ・薄膜型(アモルファス他)出荷量推移予測
 ・ハイブリッド他モジュール出荷量推移予測
(3)メーカー別太陽電池モジュール出荷量推移予測
 多結晶/薄膜型(アモルファス)/ハイブリッド
(4)太陽電池モジュール別出荷量推移予測/シェア

4.太陽光発電ロードマップ(PV2030)

第II章 次世代太陽電池の動向と展望
1.色素増感型太陽電池の技術動向と展望
(1)イオン液体の概要と用途展開
(2)色素増感型太陽電池の動作原理
(3)色素増感型太陽電池の将来性
(4)色素増感型太陽電池の最新特許(概要)
 ・コニカミノルタホールディングス(株)
 ・三洋電機(株)
 ・積水樹脂(株)
 ・大日本印刷(株)
 ・電源開発(株)
 ・東海ゴム工業(株)
 ・東レ(株)
 ・日本カーリット(株)
 ・日本特殊陶業(株)
 ・藤森工業(株)
 ・三井・デュポンポリケミカル(株)
 ・三菱電機(株))
(5)色素増感型太陽電池関連企業の動向と展望
 ・ソニー(株)
 ・TDK(株)
 ・東洋インキ製造(株)
 ・日本カーリット(株)
 ・日本化薬(株)
 ・(株)フジクラ

2.太陽電池用シリコンの動向と展望
(1)多結晶シリコンの動向と展望
(2)シリコンウエハの動向と展望
(3)太陽電池用シリコン関連メーカーの動向
 ・(株)大阪チタニウムテクノロジーズ
 ・(株)SUMCO
 ・新日鉄マテリアルズ(株)
 ・新日本ソーラーシリコン(株)
 ・(株)トクヤマ/三菱マテリアル(株)
  参考:多結晶シリコン生産量推移(国内外・太陽電池用)/シリコンウエハ輸出入量推移/太陽電池用ウエハ世界シェア(グラフ)

3.ポリエステル (PET)フィルムの動向と展望
(1) PETフィルムの市場概況と動向
(2) PETフィルム関連メーカーの動向
 ・帝人デュポンフィルム(株)
 ・東洋紡績(株)
 ・東レ(株)
 ・三菱樹脂(株))
  参考:太陽電池用PETフィルム世界生産量推移/世界シェア(グラフ)

4.太陽電池用バックシート関連メーカーの動向と戦略
 ・東洋アルミニウム(株)
 ・三菱アルミニウム(株)
 ・リンテック(株)
  参考:太陽電池用バックシート世界シェア(グラフ)

5.太陽電池向けコネクタ関連メーカーの動向と戦略
 ・SMK(株)
 ・ホシデン(株)
 ・本多通信工業(株)
 ・山一電機(株)
  参考:コネクタ市場予測(世界市場及び太陽光発電向け(グラフ))

6.太陽電池有力材料メーカーの動向と展望
 ・アイカ工業(株)
 ・旭硝子(株)
 ・岡本硝子(株)
 ・倉敷紡績(株)
 ・(株)クラレ
 ・昭和電工(株)
 ・住友化学(株)
 ・東海カーボン(株)
 ・日本カーボン(株)
 ・日本板硝子(株)
 ・(株)ノリタケカンパニーリミテド
 ・日立金属(株)
 ・フジプレアム(株)
 ・(株)ブリヂストン
 ・三井化学(株)
 ・三菱化学(株)

7.主要研究機関の技術開発動向と展望
 ・大阪大学
 ・鹿児島大学
 ・神奈川工科大学
 ・岐阜大学
 ・京都大学
 ・産業技術総合研究所
 ・東京大学
 ・東京理科大学
 ・理化学研究所

第III章 太陽電池システムの技術動向
1.海外の太陽光発電システムの動向
 米国/EU/ドイツ/中国/台湾

2.国内の太陽光発電システムの動向
(1)システム導入促進への取り組み
 参考:システム設置支援策を有する自治体
(2)太陽光発電システムの導入と事例
 ・太陽光発電フィールドテスト事業の実績
  参考:フィールドテスト事業実績推移表
 ・太陽光発電システム設置事例(概要)

3.太陽光発電システムの背景と取組み
(1)エネルギー政策上の位置付け
(2)新エネルギーに関する最近の取組み
(3)RPS法施行と利用目標について

4.太陽光発電システムの特徴及び効果
(1)太陽光発電の特色と留意点
(2)環境保全と創エネルギー効果
(3)新エネ大賞について(NEF)

5.太陽光発電システムに関する助成制度
(1)太陽光発電補助制度の概要(2008年度)
(2)太陽光発電関連予算と補助事業者
(3)低炭素社会づくり関連予算案

6.太陽光発電システム未来技術研究開発(NEDO)

7.太陽光発電新技術フィールドテスト事業

8.新エネルギー技術研究開発(NEDO)

第IV章 住宅用太陽光発電市場の将来展望
1.住宅用太陽光発電市場の動向と展望

2.住宅用太陽光発電システム価格の概要
 グラフ:住宅用太陽光発電システム市場/住宅用太陽光発電システム価格推移/新設住宅着工戸数推移表

3.オール電化住宅関連市場の動向と展望
(1)オール電化住宅市場の現状
(2)エコキュート市場の動向と展望
(3)IHクッキングヒーター市場の動向と展望
 グラフ:オール電化住宅市場/エコキュート出荷台数/IHクッキングヒーター市場各推移予測

4.太陽光発電システム周辺機器の動向
(1)パワーコンディショナーの動向
(2)太陽光発電システム関連デバイス・機器
 バイパス素子/逆流防止素子/バッテリー他
(3)新エネルギー用蓄電デバイス
 電気二重層キャパシタ/アルミ電解コンデンサ

5.住宅関連・システムメーカー:50音順
 ・旭化成ホームズ(株)
 ・エス・バイ・エル(株)
 ・(株)荏原製作所
 ・元旦ビューティ工業(株)
 ・(株)関電工
 ・(株)きんでん
 ・三協立山アルミ(株)
 ・三晃金属工業(株)
 ・三洋ホームズ(株)
 ・住友林業(株)
 ・積水化学工業(株)
 ・積水ハウス(株)
 ・大和ハウス工業(株)
 ・パナソニック電工(株)
 ・パナホーム(株)
 ・不二サッシ(株)
 ・富士電機システムズ(株)
 ・ミサワホーム(株)
 ・三井ホーム(株)
 ・三菱地所ホーム(株)
 ・YKK AP(株)

第V章 太陽電池関連企業の動向と戦略
1.セル・モジュール主要メーカー:50音順
※調査内容は主要メーカー個票見本を参照
 ・(株)MSK
 ・(株)カネカ
 ・カワサキプラントシステムズ(株)
 ・京セラ(株)
 ・三洋電機(株)
 ・シャープ(株)
 ・昭和シェルソーラー(株)
 ・三菱重工業(株)
 ・三菱電機(株)

2.国内有力太陽電池関連企業の動向
 ・旭有機材工業(株)
 ・(株)アルバック
 ・英弘精機(株)
 ・(株)エヌ・ピー・シー
 ・オムロン(株)
 ・コバレントマテリアル(株)
 ・(株)三社電機製作所
 ・芝浦メカトロニクス(株)
 ・(株)島津製作所
 ・セイコーインスツル(株)
 ・(株)ソノコム
 ・大日本スクリーン製造(株)
 ・タカノ(株)
 ・(株)東芝
 ・日清紡績(株)
 ・(株)日本セラテック
 ・(株)ホンダソルテック
 ・横河電機(株))

3.海外有力太陽電池関連企業の動向
 ・アプライドマテリアルズ
 ・LG電子
 ・Q-Cells
 ・サンパワー
 ・シグネットソーラー
 ・ジンテック
 ・デュポン
 ・デルソーラー
 ・ナノグラム
 ・ノーザン
 ・モーザーベア
 ・リニューアブル
 ・エナジー

4.国内太陽光発電関連企業及び関連団体一覧


■■ 概要 ■■

商 品 名:09 太陽光発電市場の実態と将来展望
発 刊 日:2009年1月23日
発   行:株式会社日本エコノミックセンター
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:B5判 220貢
価   格:69,500円(本体価格66,190円+消費税3,310円)別途税込送料500円

詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
      Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。