logo

『世界最小クラス』オンラインUPS「Super Smart」シリーズ新登場!

株式会社ユタカ電機製作所 2009年01月19日 16時02分
From PR TIMES

長寿命バッテリー7年を搭載した世界最小クラス(※1)
UPS「Super Smart(SS)シリーズ」が充実して登場

2009年1月20日(火)新発売!
モデル名(2機種)UPS510SS(500VA/400W) UPS1010SS(1kVA/800W)



株式会社ユタカ電機製作所(所在地:東京都品川区西五反田7-25-5,代表取締役社長:
倉橋 義孝)は、昨年6月に販売開始した世界最小クラス(※1)常時インバータ給電・正弦波
出力方式無停電電源装置(オンラインUPS):「Super Smart」シリーズ2機種の
バッテリー期待寿命を5年から7年に改善し、この1月20日(火)より出荷する。
価格は、従来据え置きとしている。


一般的にUPSで電力バックアップをしているICT機器(※2)の使用またはリース期間が
5年以上であることから、現状では最低1回のバッテリー交換をしなければならない。
そのために交換時期を管理したり、交換用バッテリーを手配したり、配線や筐体の分解・再組立
など煩雑な手間が付きまとう。それ故UPSのメンテナンスフリーへの強い市場要求があり、
それに対応する長寿命化のための技術的課題を解決した。


同社は、従来からバッテリー期待寿命5年を標準採用しており(市場では2~3年が多い)、
この改善により最長7年間(※3)バッテリー交換が不要になり、ユーザーのメンテナンスに
関する管理負担と費用を大幅に低減できる。一般的なICT機器の使用期間内であれば、既採用
の長寿命ファンとも併せてメンテナンスフリーになる。


同シリーズは、常にクリーンな電力を出力する安定性に優れた常時インバータ給電・正弦波出力
方式の同等出力容量機種に比べ最も小型であること(※4)を狙って開発した。クリティカルな
性能が要求されるセキュリティ、金融、医療事務機器や設置場所に制約のある流通機器、装置
組込用として最適な製品であり、今回の改善で更に利用価値が上がり使用範囲が広がることを
期待している。


(※1)同社調べ。
(※2)無停電電源装置(UPS)は、主にサーバやストレージ,ルータ,ハブなどの情報通信
(ICT)機器に使用され、停電時や電源電圧の瞬間的な低下時に電源のバックアップや電圧
 安定化を補償する装置。
(※3)バッテリー寿命は使用環境温度により変化する。
(※4)デジタル化技術を駆使し高性能・小型化を達成。(特許出願中)

-------------------------------------------

「Super Smart」シリーズ:2機種:
1.縦置/横置兼用型:500VA/400W:UPS510SS
2.縦置/横置兼用型:1kVA/800W: UPS1010SS

標準希望小売価格
1.UPS510SS:  81,900円(税込)
2.UPS1010SS:103,950円(税込)

-------------------------------------------

[仕様]
■UPS510SS
・入力電圧変動範囲(定常運転時):AC48(50%負荷時)~146V
・入力周波数変動範囲:35~75Hz
・効率:90%以上
・出力容量:500VA/400W
・停電補償時間(初期値,周囲温度20℃):3分以上(350W負荷時)、20分以上(100W負荷時)
・出力周波数安定度:50/60Hz±0.5%以内
・バッテリー種類:長寿命(7年)小型シール鉛蓄電池
・外形寸法(cm):25.0×6.9×30.0
・同等出力容量の従来機種との体積比率:0.39(当社製600VA/420W UPS610HSとの比較)


■UPS1010SS
・入力電圧変動範囲(定常運転時):AC48(50%負荷時)~146V
・入力周波数変動範囲:35~75Hz
・効率:90%以上
・出力容量:1000VA/800W
・停電補償時間(初期値,周囲温度20℃):3分以上(700W負荷時)、20分以上(200W負荷時)
・出力周波数安定度:50/60Hz±0.5%以内
・バッテリー種類:長寿命(7年)小型シール鉛蓄電池
・外形寸法(cm):25.0×6.9×38.0
・同等出力容量の従来機種との体積比率:0.44(当社製1000VA/700W UPS1010HSとの比較)

-------------------------------------------

[お客様問い合せ窓口]

株式会社ユタカ電機製作所 東日本営業グループ
フリータ゛イヤル:0120-455125(平日 9:00~17:00)
URL:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事