logo

調査結果「毎日パソコンでニュースを閲覧する5割」

パソコン、携帯電話、テレビの3媒体におけるニュースの閲覧頻度について聞
いたところ、パソコンからニュースサイトを閲覧するは「毎日見ている」が
半数、「毎日ではないが頻繁に見ている」人が2割で、合わせると7割が頻繁
に見ていると回答。テレビの「毎日見ている」5割、「毎日ではないが頻繁に
見ている」2割をそれぞれ上回り、3媒体の中ではパソコンでの閲覧がトップ
だった。

毎日パソコンでニュースを閲覧する5割
              ~20代の3割が携帯電話でニュースを閲覧
    発表URL:リンク

<調査概要>
ニュースといえば、かつてはテレビやラジオ、新聞といった一部の媒体に限
られていたが、今ではインターネット配信などが進み、ユーザーの選択肢が
広がった。それに伴い視聴者のニュース閲覧動向について、20代から40代を
中心とするネットユーザーを調査。男女402名の回答を集計した。調査は、
「パソコン」「携帯電話」「テレビ」の3媒体におけるニュース閲覧頻度を、
それぞれ回答してもらった。

パソコンからニュースサイトを見る頻度を聞いたところ、全体の52.2%が
「毎日見ている」、21.9%が「毎日ではないが頻繁に見ている」と回答。合
わせると74.1%がパソコンのニュースサイトを頻繁に閲覧していた。高頻度
閲覧者は女性に比べ男性の方が8ポイントほど高く、年代別では特に30代の利
用率・利用頻度が際立っており、「毎日見ている」が60.8%、「毎日ではな
いが頻繁に見ている」が18.8%で、計8割に上った。

携帯電話からのニュースサイト閲覧については、「毎日見ている」「毎日で
はないが頻繁に見ている」がともに10.7%。20代では30.6%が頻繁に見てい
るとした点は注目されるが、全体では「ほとんど見ない」が57.0%と6割近く、
パソコンからのニュースサイト閲覧とは対照的な結果となった。

一方、テレビでニュースを見る頻度を見てみると、「毎日見ている」が48.8
%、「毎日ではないが頻繁に見ている」が18.2%で、合わせると7割がテレビ
で頻繁にニュースを視聴。年代別では高い年代ほど毎日見ている人が多く、
特に40代では60.0%と30代・20代を約20ポイント以上も上回った。

以上3媒体を比較したところ、ネットユーザーのニュースの閲覧率・頻度はパ
ソコンがわずかな差ながらテレビを抜いてトップとなった。もっとも40代で
はパソコンよりテレビでの閲覧頻度が高かったものの、その一方でパソコン
からニュースサイトを「毎日見ている」としたのも4割半に上っていることを
考慮すると、ニュースの閲覧媒体がテレビからパソコンに移行しつつあると
いえるのかもしれない。

特に近年はインターネットサイトでの動画ニュースもめずらしくなくなって
おり、今後リアルタイムに情報が配信されるニュースサイト閲覧率はますま
す高まるものと考えられる。


<調査データ>
・パソコンのインターネットでニュースを見ますか?
・テレビでニュースを見ますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:402名
調査日:2008年12月17日~19日
男女比:男性:54.7% 女性:45.3%
年代比:20代:15.4% 30代:45.0% 40代:32.3% その他:7.2%

 ────────────────────────────────
 「ニュース閲覧に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい。画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-299-4356
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。