logo

『Zen Cart Pro』にCSVファイルによる商品管理機能を拡張した新バージョン『Zen Cart Pro-R(楽天ショップ商品データ対応版)』が誕生。

有限会社ビッグマウス 2009年01月16日 11時00分
From ValuePress!

有限会社ビッグマウス(本社:広島県福山市 代表取締役 杉本 裕司)は、昨年発表した携帯対応のオープンソースECサイト構築システム『Zen Cart Pro』の機能をさらに拡張した『Zen Cart Pro-R(楽天ショップ商品データ対応版)』を発表。

■特徴・詳細

これまでの『Zen Cart Pro』の多彩な機能を生かしつつ、オプション機能の簡略化と共に2次元まで対応する「オプション別在庫管理」を標準機能とし、ショップ管理者にとっても利用者にとっても使いやすいインターフェースを実現。
また、商品登録に必要なほとんどすべての項目をCSVファイルで入出力できるほか、楽天市場で利用している商品管理用の一括登録CSV各フォーマットからも取り込みが可能となっている。

また、複数モールに出店しているショップの本店サイトとしての利用を想定し、モール間在庫管理サービスとの連携も可能。
すでに「Next Engine」(株式会社StrapyaNext様)、「e-まごの手」(株式会社ECソリューションズ様)との連携も完了しているほか、「CB-ロボ」(アリト株式会社様)との接続も準備中。

そのほか、「販売期間指定商品」機能や「標準価格表示」「キャッチコピー」「販売説明文」などの商品関連項目追加と共に、商品毎にレイアウト設定が可能となり、ショップ訪問者に対する商品訴求力がアップしている。

『Zen Cart Pro』の特徴であった、携帯対応と多彩な機能、また多くの決済代行サービスへの接続モジュールも一層充実したラインアップを準備している。



■開発に関する経緯

オープンソースでのECサイトプログラムとしては、すでに安定した地位を獲得している Zencart であるが、そのオプション機能の複雑さのためオプション単位での在庫管理が難しく、また管理も煩雑になる傾向があった。
そのため、SKU在庫管理が必須になる服飾関係のショップなどでは導入に大幅なカスタマイズが必要であり、そのデメリットに関しては"Zen Cart Pro"も同様であった。
今回の新しいシステムではオプション機能自体を一新すると共にオプション情報をCSVファイルでの管理に対応させる事で、ストレスのない「商品オプション管理」及び「オプション別在庫管理(項目選択肢別在庫管理)を実現し、より広い業種のショップにとって導入しやすいプログラムとなっている。

これまでにもすでに「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などのモールに出店しているショップが「本店サイト」を立ち上げるに際して「『商品データ』や『在庫情報』の共有を行いたい」という要望が多かったことから導入事例を増やし、この度パッケージ化に踏み切った。

柔軟なCSV入出力機能により、モール出品者が自社サイトとして利用するに際しては特に大幅な商品管理作業の軽減が図れる。

『Zen Cart Pro-R(楽天用商品データ対応版)』は、既存の『Zen Cart Pro』と並行して提供され、導入するショップのニーズに合わせてパッケージを選択する事になる。


■商品・サービスの仕様
商品・サービス名:『Zen Cart Pro-R(楽天ショップ商品データ対応版)』
発売・運用開始日:2009年1月15日
開発・販売:有限会社ビッグマウス
URL:リンク


■会社概要
名称:有限会社ビッグマウス
本社住所:広島県 福山市
設立:2002年3月1日
資本金:300万円
代表者:代表取締役 杉本 裕司
ホームページ:リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:杉本
TEL:084-946-6646
FAX:084-946-6647
E-mail:support@zencart-pro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事