logo

2009年第1四半期、サイトのユーザーインターフェイスを改良

工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:瀬戸欣哉、URL:リンク)は、2009年最初の取り組みとして、第1四半期をかけ、サイトのユーザーインターフェイスを改良、顧客が求める商品をより見つけやすい環境を提供いたします。


第一弾として、1月15日よりアドビ システムズ株式会社(本社:東京都品川区)のFlexを活用、過去に購入履歴のある商品を掲示する『買ったものリスト』を『買ったものリスト 豪華版』としてバージョンアップし、購入履歴の機能改善を図ります。『買ったものリスト 豪華版』では、「買ったモノ」「買った履歴」「節約商品(同じ用途で使用できる廉価の商品)」「おすすめ商品」の4種類の切替タブを設け、顧客が過去に購入済みの商品を参考に、効率良く商品を見つける事を可能といたします。また、従来はバスケット(商品購入画面)に商品を入れる際、リスト内のチェックボックスにチェックを入れた後、「バスケットへ入れる」ボタンを押すという二段階の操作が必要でしたが、今回の改良により、マウスのドラッグ&ドロップ操作で商品のバスケットへの出し入れを可能とし、操作性を大幅に向上させています。

【買ったものリスト豪華版 概要】

切替タブ
1.買ったモノ(商品条件から検索)
商品単位で表示、キーワード検索、条件絞込み機能、
表示形式(画像・テキスト)の切替、並び替え機能、
付箋によるメモ書きが可能。

2.買った履歴(購入時期から検索)時系列で注文単位表示、
年月、表示期間を、ドラッグで自由に選択、
マウス操作による注文単位でのリピート購入も可能。

3.節約商品(廉価な商品の紹介)
購入商品において、同じ用途で利用できる、より廉価な商品を表示。

4.おすすめ商品
購入商品よるレコメンデーション機能により、
顧客毎に関連商品を表示。

ドラッグ&ドロップ機能、キャンペーン一覧は、全てのタブにおいてご利用いただけます。

第二弾では、購入を希望する商品のメーカー名や商品名が明確な場合に、検索にかかる時間を短縮することを目的とし、トップページに「カテゴリー別」「メーカー別」「商品名別」のインデックス機能を設けます。また、第三弾では、株式会社コトハコ(本社:東京都台東区)の『コトハコECエンジン』を導入して商品の絞込み機能を追加、従来のカテゴリーの絞込みだけではなく、指定したカテゴリー内において、ブランド名、サイズ、価格帯などの複数の条件を組み合わせ、必要な商品の絞込みを可能と致します。なお、第二、三弾は、本年3月までに順次導入する予定です。

今後もお客様の要望に耳を傾け、お客様にとって必要な商品をより簡単に発注出来る、利便性の高いサイト構築およびサービスの提供を実践してまいります。

株式会社 MonotaROについて
工業用間接資材の通信販売最大手の株式会社MonotaROは、切削工具や研磨材などの工業用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品に至るまで、工場で必要とされる製品90万アイテムを販売しています。また、事業主向けサイト「MonotaRO.com」、ベアリング専門サイト「ベアリングタロウ」、切削工具サイト「刃MonotaRO」に加え、個人消費者向けにプロ仕様の商品を業務用価格で提供する「IHC.MonotaRO」も運営しています。2008年5月からは自動車関連業界向け商品販売事業にも参入しています。2009年1月現在の利用事業者数は、約31.4万。


<本件に関するお問合せ>
株式会社 MonotaRO マーケティング部 西村、加藤 
TEL:06-4869-7181 FAX:06-4869-7185

※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。