logo

日本のIPTV市場を調査した「日本IPTVサービスの市場展望」出版

ROA Groupが出版した「日本IPTVサービスの市場展望」レポートは、日本のIPTV市場概況と動向について調査・分析しています。また各主要プレーヤ(コンテンツプロバイダ、IPTVサービス事業者、ネットワークプロバイダ、メーカ)の動向分析も行っています。

【目次】

エグゼクティブサマリー

1 IPTVの概要

1-1 IPTVの定義―「IPTV」とは
1-2 IPTVの分類
1-3 IPTVの登場背景
1-4 IPTVの特徴

2 IPTVの技術動向と標準化政策

2-1 IPTVの技術動向
2-2 暗号化技術
2-3 IPTVの標準化政策
2-3-1国際標準化の政策動向
2-3-2 日本国内の標準化動向

3 IPTVサービスのビジネス戦略分析

3-1 バリューチェーン分析
3-2 水平的な市場統合化の進展
3-3 通信・放送の規制における違い
3-4 IPTVサービスのビジネスモデル

4 プレイヤーの動向分析

4-1 コンテンツプロバイダの現況
4-2 IPTVサービス事業者の動向分析
4-2-1 BBTV
4-2-2 ひかりone TVサービス
4-2-3 ひかりTV
4-3 ネットワークプロバイダの動向分析
4-3-1 NTT東日本/西日本
4-3-2 KDDI
4-3-3 ソフトバンクBB
4-4 メーカーの動向分析
4-4-1 ソニー
4-4-2 東芝
4-4-3 NEC

5 IPTV市場分析

5-1 IPTV サービスの成長要因分析
5-1-1 Positive Factors
5-1-2 Negative Factors
5-2 類似市場分析
5-3 IPTV市場規模の予測

6 結論

6-1 IPTVの成功課題
6-2 IPTVサービスの段階別発展展望

7 Appendix

放送コンテンツプロバイダ一覧(2008年10月時点)

【図表目次】

表目次
[表 1-1]IPTVサービスの分類
[表 1-2]日本のIPTV(狭義)市場現況
[表 1-3]IPTVの登場背景
[表 1-4]IPTVの特徴
[表 2-1]ITU-T IPTV FGの案件
[表 3-1]通信と放送の規制の違い
[表 3-2]IPTVビジネスモデルの特徴
[表 5-1]日本におけるIPTV契約件数の市場予測(2008-2012年)

図目次
[図 1-1]映像コンテンツの種類
[図 2-1]IPTVサービス概要
[図 2-2]コンテンツ著作権保護の DRM構造
[図 2-3]IPTV標準化に向けた国内外の組織
[図 3-1]IPTVサービスのバリューチェーン分析
[図 3-2]水平的な市場統合の進展
[図 3-3]IPTVサービスを巡るビジネスモデル
[図 4-1]BBTV画面イメージ
[図 4-2]ひかりone TVサービスの接続方法イメージ
[図 4-3]ひかりTV画面イメージ
[図 4-4]ソニーのネットワークTVボックス
[図 4-5]東芝の「REGZA」Z7000
[図 4-6]「コンテンツ・レコメンデーション」サービス
[図 5-1]日本におけるFTTH契約件数の成長予測(2008-2012年)
[図 5-2]NHKオンデマンド
[図 5-3]日本におけるCATVの契約件数の推移(2002-2006年)
[図 5-4]日本におけるIPTV契約件数の成長予測(2008-2012年)
[図 6-1]TVの進化過程
[図 6-2]IPTVの3段階の発展方向

【調査レポート】
日本IPTVサービスの市場展望
リンク

【ロアグループ社について】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

日本におけるIPTV契約件数の成長予測 (2008-2012年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。