logo

アクテル、Future Electronicsとグローバル販売代理店契約を締結

~業界最小電力のアクテルFPGAを世界の顧客に迅速に提供~

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、Future Electronicsとグローバル販売代理店契約を締結したと発表しました。

アクテルは、需要の創出と広範な市場での豊富な実績を評価してFuture Electronicsを代理店に指名しました。Future Electronicsは、フラッシュベースの不揮発性FPGA全製品について販売、サポート、サービスを実施します。同社は2008年12月1日付けで米国での代理店となり、2009年1月1日からは欧州・中東・アフリカ(EMEA)でも代理店に加わります。


アクテルのワールドワイド・セールス担当副社長、Jay Legenhausenのコメント
「Future Electronicsは需要の創出という強みで、全世界の顧客基盤の拡大を図る当社の積極的な戦略を支えてくれます。低消費電力とコスト削減は、引き続き世界中で重要な設計要件となっています。こうしたニーズに応える設計がなされているのは、アクテルのFPGAだけです」
アクテルのフラッシュベースのFPGAは、競合企業のSRAMベースのデバイスと比べ、低消費電力、低コスト、より高い安全性によって、宇宙・防衛・電子工学業界での実績をベースに、消費財・医療・車載・産業市場への採用が急速に広がっています。世界の設計者は1985年からアクテルのFPGAを活用しています。アクテルの代表的な製品は、消費電力が最も少ないFPGAであるIGLOO<R>とProASIC<R>3、ミックスド・シグナルFPGAのFusion、高信頼性FPGAのRTAXファミリーなどです。アクテルはまた、組み込みアプリケーション向けに、ライセンス料やロイヤルティ不要のARM<R>Cortexプロセッサーも提供しています。


Future Electronicsのコーポレート・バイスプレジデント、Stephen Bilogan氏のコメント
「低消費電力とミックスド・シグナルFPGAの大手であるアクテルの代理店となり、充実したシステム管理や電力管理ソリューションが当社の取り扱い製品に加わることで、当社の既存顧客にも新規顧客にもグローバルな規模で最新技術を提供し、将来的な成功に貢献します。アクテルとの関係を強化して、既存顧客にも急増している新規顧客にも、製品とサービス、そして業界で定評ある技術サポートを提供できることを嬉しく思います」


Future Electronicsについて
モントリオールに本社を置き、世界41ヵ国で営業しているFuture Electronicsは、設計から製造までの全プロセスに対応する営業面・技術面のサポートと充実した効率的なグローバル・サプライチェーンで定評があります。Future Electronicsはグローバルに統合され、世界規模のまとまったITインフラを持ち、在庫の有無をリアルタイムで知らせると共に、世界での業務、販売、マーケティングを完全に統合しています。最高レベルのサービス、最新の技術/設計能力、技術ソリューションを提供し、世界最大の販売可能在庫を保有する同社は、「お客様に喜んでいただく」ことをミッションとしています。詳しい情報はwww.futureelectronics.comをご覧下さい。


アクテルについて
アクテルは、低消費電力とミックスド・シグナルFPGAのリーダーで、システムならびに電力管理の広範囲にわたる製品群を提供しています。アクテルは、電力が課題(=Power Matters)だと考えています。詳しい情報はリンクをご覧下さい。

用語解説

※ ActelおよびLibero 、IGLOO、ProASIC、Actel Fusionの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事