logo

INAUEN-SCHAETTI社がPTC(R) CoCreate(R)の標準採用で製品設計プロセスにおける究極の柔軟性を実現

スキーリフトの開発・建設の大手企業がグローバルなカスタマイズプロジェクトでCoCreateを活用

【2008年12月17日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼CEO:リチャード・ハリソン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、社長:井上 公夫)は、スキーリフトの開発および建設において国際的リーディングカンパニーであるInauen-Schaetti社が、軽量かつ柔軟性のある製品設計手法を備えたPTCのエクスプリシットモデリング3次元CADならびにデータ管理ソフトウェアであるCoCreateを標準採用したとの米PTCの発表を明らかにしました。Inauen-Schaetti社ではCoCreate Modeling(TM)およびCoCreate Model Manager(TM)を導入し、設計における究極の柔軟性を実現すると同時に効率的な開発プロジェクト管理を目指しています。ソリューションの導入ならびにすべてのサポートはACADIS社のパートナーであるCOP Informatik社が提供しています。

スイスのSchwandenに本拠を置くInauen-Schaetti社は、ケーブルシステム、スキーリフトの支柱、ゴンドラの駅、モノレールのリフトシステム、山岳地帯の傾斜エレベーター、トンネル掘削用輸送システム、雪崩爆破制御装置などの設計をグローバルに展開しています。このような非常に独自性の高いシステム設計は、山のタイプ、大きさ、形状、地形や天候の状態などに合わせたカスタマイズが必要となるため、確定要素が少なく、試行錯誤を繰り返す開発プロセスとなります。


Inauen-Schaetti社は設計においてエクスプリシットモデリング手法を有効活用すべく、CoCreate Modelingの導入を決定しました。CoCreate Modelingは、設計プロセスのどの段階でも簡単にモデルを大きく変化させることが可能な、最も高い柔軟性を備えています。またInauen-Schaetti社ではCoCreate ModelingとCoCreate Model Managerを連動させ、世界各国の拠点で失敗のない確実なプロジェクト管理、コラボレーション、設計データ管理も行っています。同社によると、CoCreate Modelingの導入により極めて大きな成功を収めたと同時に、CoCreate Model Managerによってプロジェクト期間の15-20%短縮を実現しました。


Inauen-Schaetti社のCAD設計主任であるウル・タリ(Urs Thali)氏は、「我々には常に厳しい課題が課せられています。各プロジェクトは全く違う性格を持ち、すべてのシステムがプロトタイプです。新たなアイデアや代替案の検討を続け、最後の最後で変更を行うといった我々のプロジェクトでは、エクスプリシットモデリングの持つ柔軟性が不可欠です。Inauen-Schaetti社は小さな会社ですが、PTC社のCoCreateのおかげで非常に競争力の高い、グローバルな成功を収める企業となりました。CoCreate製品群なしに仕事をすることなどとても考えられません」と述べています。


またCoCreateプロダクト・マネジメントのディレクターであるマーティン・ニュームーラー(Martin Neumueller)は、「Inauen-Schaetti社の事業や設計アプローチにはまさにPTCのCoCreateが必要でした。Inauen-Schaetti社にグローバルな成功をもたらすソリューションを提供できたことを喜ばしく思います」と述べています。



Inauen-Schaetti社について
Inauen-Schaetti社は自然と堅牢性、技術の進歩とエンジニアリング、また安全性と経済的なソリューションを組み合わせ、お客様との完璧なパートナーシップを築く企業です。同社の幅広い経験と革新性はSchaetti社とMath社という2つの企業から受け継いだものです。1997年にArno Inauen、Bruno Inauen両氏がAlbert Schaetti氏と共にInauen-Schaetti社を創設する基礎となったのがStreiff社です。Inauen-Schaetti社はスイスのSchwandenに本社を置く同族経営の企業で、同拠点には間接部門、設計開発部門および製造施設を備えており、スイスのSiebnenにはサービス部門と倉庫があります。同社は世界5大陸すべてに拠点を構えています。
Webサイト:www.seilbahnen.ch


PTCについて
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品ライフサイクル管理(PLM)、コンテンツ管理、エンタープライズ・パブリッシングの各ソフトウェア・ソリューションを世界50,000社以上の企業に提供しており、その中には製造、出版、サービス、官公庁そしてライフサイエンスなどの産業分野の革新的な企業が含まれます。PTCの株式はNASDAQ市場に公開されており、S&P Midcap 400とRussell 2000の両指標に含まれています。


PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区、社長:井上 公夫)。PLMソリューション製品群「Windchill」、コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、エクスプリシットモデリング/データ管理ソフトウェア「CoCreate」、エンタープライズ・パブリッシング・ソリューション「Arbortext」、技術計算/ドキュメント化支援ソフトウェア「Mathcad」、データ・ビジュアライゼーション・ソフトウェア「ProductView」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内5事業拠点。
Webサイト:リンク



* PTCの社名、ロゴマークおよびCoCreate、CoCreate Modeling、CoCreate Model Manager、Pro/ENGINEER、Windchill、Arbortext、Mathcad、ProductViewなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。
その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。



以上

関連情報
http://www.ptc.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事