logo

フォーティネットがフロスト&サリバンのUTM市場リーダーシップ賞を受賞

調査レポート「ワールドUTMレポート」で企業とデータセンターに 最適なセキュリティソリューションとしてUTMが推奨

UnifiedThreatManagement/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet<R>(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、フロスト&サリバン(Frost&Sullivan)が、同社の成長性、革新性、市場戦略を高く評価し、「2008年UTM分野の世界市場でのリーダーシップ賞(2008 Global Market Leadership Award for UTM)」を授与したことを発表しました。今回の受賞は、国際的な市場調査およびコンサルティング企業であるフロスト&サリバンが、大規模な調査を行った結果、決定したもので、他のUTMベンダー各社を抑えての受賞となりました。


この度の受賞により、他の調査会社によるデータでも示されていたUTM市場におけるフォーティネットのリーダーシップがさらに確実なものになるとともに、同社の統合型ネットワークセキュリティのアプローチが全世界の企業やデータセンターで高く評価されるソリューションであることが証明されました。


このフロスト&サリバンの市場リーダーシップ賞は、フォーティネットが市場戦略の実現を通じて主導的な市場シェアを実現したことに対して贈られたものです。この賞に関するレポートの中で、フォーティネットは次のように評価されています。「フォーティネットは、市場の課題、推進要因、阻害要因の特定や、戦略策定、そして市場力学への対応方法を含む市場リーダーシッププロセスプロセスの全ての分野において、卓越性を発揮しました」


フロスト&サリバンは、フォーティネットのリーダーシップに着目した理由として下記を挙げています。


●現在、フォーティネットの売上は、16億ドルのUTM市場の15%を占めている。


●フォーティネットは、現在および将来のネットワークセキュリティ脅威に対抗するためには、企業が拡張性を通して機敏にならなくてはいけないことを認識していた数少ない企業の1つである。


●フォーティネットのソリューション全般は、あらゆる規模の企業に総所有コスト(TCO)を低く抑えた優れた保護を提供するものである。


●フォーティネットは、アンチマルウエアやIPSシグネチャなどのネットワーク製品を自社開発する、数少ない企業の1つでもある。


フロスト&サリバンの調査アナリストであるテレンス ブルトン(Terrence Brewton)氏は次のように述べています。「当社は、フォーティネットがその革新的な技術を通じ、変わることのないリーダーシップを発揮したことをたたえ、『2008年UTM分野の世界市場でのリーダーシップ賞』を謹んで授与いたします。フォーティネットのUTMアプライアンスは徹底して構築されており、独自のASICを搭載し、共通のオペレーティングシステムを使うことにより増え続ける複合型の攻撃に真っ向から立ち向かうと共に、あらゆる規模の企業が求める性能と拡張性に対する要求にも対応しています。これらの理由により、フォーティネットは厳しい競争をくぐり抜け、この栄えある賞を受賞しました」 


成長著しい市場におけるリーダーシップ
今回、権威ある賞を受けたことに加え、フォーティネットは先月発行されたフロスト&サリバンの調査レポート「ワールドUTMレポート」で、市場リーダーに認定されました。このレポートはUTM市場における重要な発見や市場動向を概観したものです。フロスト&サリバンはこのレポートで、現在16億ドルの規模を持つUTM市場が23%の複合年間成長率(CAGR)で成長し、2014年には69億ドルの市場になると予測しています。


フロスト&サリバンはこのレポートにおいて、UTM技術に、大規模企業向け単一機能製品と同等の高速処理やスループットが備わっているばかりか、単一機能製品では防ぎきれない複合型脅威からネットワークを守る能力を備えていることから、大企業と大規模データセンターの有力なソリューションとしてUTMを推奨しています。企業の管理職とシステム管理者に対して行った同社の調査では、UTMは待機時間が短く、500人以上のユーザがいる大企業や大規模企業や大規模データセンターが求める高速スループットの要件を満たしていることから、ユーザが、UTMをとりわけ大規模企業に適した製品だと考えていることが分かりました。


新世代のFortiGate<R>セキュアゲートウェイ製品は、ファイアウォール、アンチウイルス、IPS(不正侵入防御)、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパム、Webコンテンツフィルタリング、帯域制御を含む必要不可欠な8つのセキュリティ機能を搭載しています。お客様は、FortiGateアプライアンスを購入する際に、これら全ての機能を搭載するか、あるいは、いくつかの機能だけを搭載するか、選択することが可能です。


フォーティネットの創業者で同社の社長兼CEOであるケン ジー(Ken Xie)は次のように述べています。「UTM市場に関するフロスト&サリバンの展望はフォーティネットのビジョンと一致するもので、UTMを導入するお客様が増えてきたことは、集中管理された統合ネットワークセキュリティソリューションが、あらゆる規模の企業に恩恵をもたらすことを証明するものです。企業はもはや自社のデータやセキュリティをファイアウォールソリューションだけに任せてはいません。企業はより包括的なソリューションだけが提供できる拡張性と柔軟性をもとめているのです」


フロスト&サリバンについて
「成長パートナーシップ企業」であるフロスト&サリバンは、顧客企業とパートナーを組み、彼らの成長を後押しします。同社の「TEAM Research」「Growth Consulting」「Growth Team Membership」を活用することで、顧客企業は成長重視の企業文化を創造し、効果的な成長戦略を策定・評価・実行できます。同社は6つの大陸に30以上の事業所があり、「グローバル1000」企業、新興企業、投資グループのパートナーとして、45年以上の実績を持ちます。
詳しくは リンクをご覧ください。

用語解説

フォーティネット会社概要 (リンク)
フォーティネットは複合脅威に対応するASICベースのUTMシステムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティシステムは、セキュリティ性を高めるとともにトータルコストを下げることから、多くの企業やサービスプロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティプロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、アンチスパイウェア、アンチスパムなど)を統合するために作られており、ネットワークおよびコンテンツレベルの脅威から顧客を守るよう設計されています。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理 報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから7種類の認定(ファイアウォール、アンチウイルス、IPSec、SSL、IPS、アンチスパイウェア、アンチスパム)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事