logo

企業のニーズに応える3Dインターネットサービス提供開始!3D体験によりブランドイメージを浸透させる「SceneCasterビジネス」

View22 Technology, Inc. 2008年12月15日 12時00分
From ValuePress!

3Dインターネット技術の大手プロバイダーであるビュー トウェンティーツー テクノロジー社(View22Technology, Inc. 本社:カナダ・トロント 代表取締役社長:Mark Zohar)は、既存のウェブサイトに3Dコンテンツを手軽に導入できる「SceneCasterビジネス」の日本での提供を開始いたしました。

「SceneCasterビジネス」はWeb上で3D空間の作成・共有が可能なソーシャルメディア、「SceneCaster」のエンジンを一般のWebサイトでも利用できるよう開放したものであり、企業の独自ニーズに答えることができるものです。
これは、SceneCasterの優れた3D表現力、簡単な操作性を自社のウェブサイトでも使用したいという企業様からの多くの要望から生まれたものであり、新たなWebプロモーション手段として浸透しつつある3DでのWeb表現を自社のサービスとして稼動させることが出来るようになります。

これにより、低コストかつ短期間で、従来のウェブでは成し得なかった3Dでの表現が可能になり、ウェブサイトの表現力/効果を飛躍的に向上させることができます。

また、自社サイトで利用した3DコンテンツはSceneCasterのソーシャルメディア性を生かし、SceneCasterの本サイトで利用可能なコンテンツとしての登載も可能となりますので、訪問者以外のユーザーへのアプローチ、露出効果も大幅に高まります。

【主な特徴】
- 3D空間を一般ウェブページで表現
- 3D空間の閲覧とインタラクションには、プラグインダウンロードが不要
- マウスクリックのみの容易な操作性
- 同時接続の人数は無制限
- デザインの柔軟なカスタマイズ性
- 既存の製品CADデータなどをそのままで活用可能
- 各種SNSとの連係、投稿
- イーコマース機能等、データベースとの連係
- アクセス解析データの収集と提供
- 開発期間の大幅な短縮と低コスト
- ホスト型3Dソリューション

(詳しく、リンク をご覧ください。)

「SceneCasterビジネス」を導入することで、ウェブサイトは、非常にインタラクティブで、感動的な3D体験をユーザーにもたらします。ユーザーに商品やブランドイメージを強く浸透せるだけでなく、訪問ユーザーとWebサイトとの関わり(エンゲージメント)をさらに高めることができます。

従来のネット広告は、単なる「露出」と言う、広告主からの一方向のコミュニケーションとなってしまい、ユーザーが積極的に好感やロイヤルティを抱くことが難しいものです。しかし、SceneCasterビジネスは3Dコンテンツという視覚的な表現力を用いて、ブランドや商品をユーザーに認知させるだけでなく、購買に至る様々な能動的な行動につながるような「欲求」をユーザーの心理に芽生えさせることができます。

博報堂DYグループi-ビジネスセンター長の勝野正博氏は「昨今の厳しい経済環境では、単にブランドやメッセージを露出するウェブ広告では無力であり、生活者との絆を深めるコンテンツ提供を重視したい。SceneCasterビジネスは、既存ウェブサイトに3Dインターネットの技術を融合し、生活者に新しい情報体験を提供でき、ブランデッド・エンタテインメントコンテンツの開発やソーシャルメディアとの融合によるクチコミマーケティングを実施することが可能となる。」とコメントしています。

■SceneCasterについて
カナダのView22 Technology, Inc.が運営している3D空間の作成・共有サイト。
シーンキャスターは、誰もが自分のアイデアを視覚化し、共有し、具現化することのできる3Dソーシャルメディア・アプリケーションです。Facebookや、Friendsterをはじめ数多くのSNSでもSceneCasterの優れたエンジンは利用されており登録者数もわずか約1年で200万人以上にものぼります。このウェブコミュニティーは、オンラインストア、主要ブランドや小売業者のカタログ、ソーシャルネットワークなどにおける3Dウェブ体験を可能にし、まったく新しい3DのWeb体験を世界中で提供しています。詳細はwww.scenecaster.jpをご覧ください。

■View22社について
View22 Technology社はカナダに拠点を置く、3D Webコマースとメディアソリューションの大手プロバイダーです。当社の特許技術やインタラクティブなWebソリューションは、直観的で、優れたオンライン体験を可能にし、製品やブランドをユーザーに体験していただくことを大切にする世界中の多くのグローバル企業、消費者ブランドにView22社は選ばれています。詳細はwww.view22.jpをご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
View22 Technology, Inc.(日本事務所)
担当者: アジア太平洋地域担当専務 グラハム・デビット
Tel.:078-881-0151
Fax.:078-881-4020
E-mail:davidg@view22.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事