logo

3PARユーティリティ・ストレージ、TheInfoPro調査で第1位に輝く

3PAR InServアレイ、Fortune 1000企業と中規模企業により 最もエキサイティングなベンダー製品に選出

3PAR)は、3PAR InServ®ストレージ・サーバの2モデルが、Fortune 1000企業と中規模企業が使用する「最もエキサイティングなストレージ製品」に選出されたことを発表しました。「最もエキサイティングなベンダー製品一覧」は、TheInfoPro(TIP)が実施する第11回、ストレージ調査の一環として作成されるもので、最新テクノロジーの適応と動向と時間枠、管理技術及び、ストレージ業界におけるベンダーの実績データを詳細に示しています。

「最もエキサイティングなベンダー製品一覧」は、「あなたが使用し、新しく登場したベンダー製品、またはエキサイティングなベンダー製品を具体的に挙げてください」という質問に対するストレージ・プロフェッショナルの回答に基づいて作成されたものです。

TIPストレージ調査部門担当マネージャ Robert Stevenson氏談
「私たちが実施したストレージ調査において、トップにランクされるベンダーは、これまでに実施した5回の調査で継続的にトップランクの評価を受けています。3PARは過去数回の調査で、3PARが画期的な製品を世に送り出していることに加えて、これからも3PARの製品を使用していきたいというお客様の声より、今回3PARがトップに輝いたことは当然であったと言えます」

調査の結果、中規模企業(TIPにより、収益が1億5,000万ドルから10億ドルまでの企業)が使用する最もエキサイティングなベンダー製品として、第1位に選ばれたのは、3PARのInServ E200ストレージ・サーバでした。Fortune 1000企業を対象とした調査では、3PARのInServ S800ストレージ・サーバもトップの座に輝きました。3PARは最近、第3世代のユーティリティ・ストレージ・アレイInServ Tクラス・ストレージ・サーバを発表しました。同サーバには、新しく発表されたT800(S800の後継機)が含まれます。第11回のストレージ調査の対象にはなりませんでしたが、T800にはThin Built In™技術を組み込んだ新しいハードウェア設計が採用されています。この画期的技術は、高い効率性を誇る「fat-to-thin」「ファット・ツー・シン」のボリューム変換メカニズムを採用し、従来のボリューム未使用領域を削除し、ディスク実容量・使用率を向上させます。また、他ボリュームへのパフォマンス影響なしに、シン・ボリュームへ移行可能です。
また、3PARは「最もエキサイティングなベンダー」の第2位及び、中規模企業が使用するブロック仮想化製品のカテゴリで最も採用されるベンダーの第2位にもランクされました。経済情勢が不透明な時期には、IT企業は限られた予算でやりくりするため、仮想化技術に頼ることになります。サーバの仮想化と同様に、ブロック・ストレージの仮想化、すなわち3PARのシン・プロビジョニングなどの技術は、少ない予算で多くの結果を得るための手段であると考えられています。

3PAR CEO David Scott談
「第11回のTIP調査の結果が示す通り、ストレージ・コストの軽減と管理の簡素化における当社の実績は、大企業はもちろん、中規模企業にとっても魅力的なものであることは明らかです。新しく発表しましたTクラス・ストレージ・サーバなど、画期的な製品を今後も継続して市場投入することで、TIP調査のご評価として私たちは最もエキサイティングなストレージ製品ベンダーとして支持され、業界において確固たる地位を築くことに成功したのです」

TheInfoPro第11回ストレージ調査の結果については、リンクをご覧ください。

本件に関するお問合せ先
3PAR株式会社
広報担当:清水
TEL: 03-5269-1038
E-mail:press@3par.jp

関連情報
http://www.3par.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事