logo

~仕事で「会社の成長」が「自分の成長」につながっている実感がある人 36%~

エンジャパン、「仕事を通じての成長」に関するアンケート結果を発表
~仕事で「会社の成長」が「自分の成長」につながっている実感がある人 36%~

-人材紹介会社集合サイト『[en] 転職コンサルタント』ユーザーアンケート調査-

 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、人材紹介会社集合サイト「[en]転職コンサルタント」(リンク)上でサイト利用者 659名を対象に「仕事を通じての成長」に関して、アンケート調査を行いましたので以下概要をご報告します。



【TOPICS】


●仕事を通じて自分自身を成長させたいと思っている人 97%

⇒仕事を通じて、自分自身を成長させたいと思っているか質問したところ「成長したいと強く思っている人」が 64%、「成長したいと思っている人」が 33%となり、大多数である計 97%の人が、仕事を通じて成長したいと願っていることが分かりました。成長したいと強く思っている人の割合は、年代別で回答にばらつきが見られ、20代が 75%、30代が 70%、40代が 58%、50代が 67%となりました。景気後退局面ではありますが、前向きな回答が多いと読み取れます。私達は、1日の多くの時間を働くことに割いているため、その時間を無駄にしたくない想いが反映されていると思われます。


●仕事をしていく中で「会社の成長」が「自分の成長」につながっている実感がある人 36%

⇒仕事の中で、会社の成長が自分の成長につながっている実感があるか因果関係を尋ねたところ、「実感があると回答した人」が全体の 36%(「かなり実感がある人」(11%)、「ややある人」(25%))となり過半に届いていない結果となりました。多くの企業の成長が鈍化している今だからこそ、会社の成長と自分の成長をリンクして捉えられない様子が伺えます。


●転職によって、自分自身の成長を感じることが出来た人 75%

⇒転職を経験したことで、自分自身を成長したと感じられるかどうか尋ねたところ、全体の75%にあたる人が「成長を感じる」とのことでした。年代別の回答を確認したところ、他の年代に比べ「40代で転職をした人が番強く成長を感じている」(78%)結果となりました。一方、50代で転職をした人が成長を感じている割合は、他の年代と比べると低く、 62%となりました。50代で転職をする場合は、「学ぶ」というよりは「それまでの経験を活かしたり、一種ノウハウを提供する」色が濃いものであるためだと思われます。

【調査概要/ その他の調査項目】

■調査方法:インターネットによるアンケート調査 SA5問 MA3問 
■調査対象: 「[en]転職コンサルタント」 659名
■調査期間:2008年9月18日~10月15日
■その他の調査項目:下記の結果に興味のある方は、広報まで

・現在の仕事を通じて、自分自身が成長している実感はあるか
・自分自身の成長を実感する時(複数回答)
・自分自身の成長のために意識的に行っていること(複数回答)
・今後伸ばしたい能力(複数回答)

【問合せ先】

エン・ジャパン株式会社   広報担当:西名 さやか
〒163-1324新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24階 
TEL 03-3342-4506  FAX 03-3342-4507  
en-press@en-japan.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事