logo

ダイマジック社の技術がオリンパスイメージング社製ICレコーダーに採用

株式会社ダイマジック 2008年12月04日 13時00分
From ValuePress!

2008年12月4日
株式会社ダイマジック

=========================================

       ダイマジック社の技術がオリンパスイメージング社製ICレコーダーに採用
      =Voice-Trek DSシリーズの3機種に「EUPHONY MOBILE」「DVM」を搭載=

=========================================


株式会社ダイマジックの音響技術「EUPHONY MOBILE」と「DVM」がオリンパスイメージング株式会社
より2008年10月発売のICレコーダーに搭載されました。

Voice-TrekのDSシリーズであるDS-51、DS-61、DS-71は、昨年より発売された同シリーズ製品に
対し、従来になかった機能を新たに盛込んだ製品となっております。
また、DS-71においては、Voice-Trekシリーズ初となるリニアPCM録音機能を搭載した製品となって
おります。


「EUPHONY MOBILE」は再生時、長時間受聴しても聴き疲れせず高音質で心地よい自然なサラウンド
再生が特徴。

「DVM」においては狙った音を的確に収音する最新の指向性制御方式です。

この2つの技術により、高音質な再生と指向性を活かした録音が可能となり、目的に沿ってご活用
いただける製品の採用となります。



なお、「EUPHONY MOBILE」と「DVM」の技術はオリンパスイメージング社製から発売されている
ICレコーダー「Voice-Trek DS-60」(2007年9月発売)と、リニアPCMレコーダー「LS-10」(2008年2月
発売)にも搭載されております。


今回の製品導入に至っては、既にご採用頂いております「DS-60」「LS-10」の「EUPHONY MOBILE」
「DVM」も新たに最適化の処理を施しており、より一層音本来の響きを捕らえ、お聞きいただけるよう
考慮された技術となっております。


●EUPHONY MOBILE設定モードは4段階で調整可能です
(POWER/WIDE/NATURAL/OFF)

●DVM設定モードは4段階で調整可能です
(ZOOM/NARROW/WIDE/OFF)



□「EUPHONY MOBILE」とは
携帯機器の導入に適した、消費電力に影響を与えない軽い処理でありながら、帯域補正、
拡張技術と仮想音源技術を駆使したDiMAGIC社の最新サラウンド方式です。
ヘッドフォン再生において、自然な拡がり感以外に、圧迫感や密閉感から開放された聞き疲れのない、
心地よい音をお聞き頂けます。


□「DiMAGIC Virtual Microphone」とは
任意の方向からの音を強調して録ることが可能な収音システムです。
デバイスを小型化しても十分な精度で録音が可能であり、拡がりのあるステレオ集音から指向性の
高いガンマイク集音まで、同一マイクロホンで切り替えを可能とした、最新の指向性制御方式です。



<会社概要>
株式会社ダイマジック
音響機器の研究, 開発, 設計, コンサルティング
デジタル信号処理機器の研究, 開発, 設計, コンサルティング
DSP応用機器の研究, 開発, 設計, コンサルティング
3Dオーディオシステムの開発, 設計, コンサルティング
本社 東京都千代田区神田練塀町3番地 
設立 平成11年6月3日
資本金 413,225千円
代表取締役社長 浜田 晴夫

【本件に関するお問い合わせ先】

連絡先:株式会社ダイマジック
Tel: 03-5297-3838 Fax: 03-5297-0585
ダイマジックURL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。