logo

「KINGSOFT Office 2007 Plus・2GB USBメモリ入り」新発売

ウルトラモバイルPCに最適!

~互換オフィスソフトを2GBのUSBメモリに収録~

キングソフト株式会社(代表取締役社長:翁 永飆、沈 海寅、本社:東京都港区)は、マイクロソフトオフィス(以下、MSオフィス)との互換性の高いオフィスソフトを2GBのUSBメモリに収録した「KINGSOFT Office 2007 Plus・2GB USBメモリ入り」(以下、本新製品)を12月5日より発売いたします。

■「KINGSOFT Office 2007 Plus・2GB USBメモリ入り」について
 本新製品は、MSオフィスとの互換性を極限まで追及した「KINGSOFT Office 2007 Plus」(以下、キングソフトオフィス)を2GBのUSBメモリに収録した製品です。
 現在急激に販売数を伸ばしているミニノートやウルトラモバイルPCなどの小型PCは、CD/DVDドライブを保有していないことや総容量が8Gや12GB程度と少量であることが特徴です。そのような状況において本新製品は、USBメモリからオフィスソフトをPCに直接インストールすることが可能であり、USBの使用プログラム容量は約47MBという小容量であるため、USBメモリの全容量である2GBのうち残りの約1.9GBという大容量はユーザーがご自由にご利用いただけます。
 さらにキングソフトオフィスはPCに小容量でインストール可能であることから動作が軽快であるという動作環境性にも優れ、UMPCなど小型PCの限られたスペックにおいて、本製品は大変優位性や利便性性の高い製品となっています。
 キングソフトは、今後も優れた製品を低価格で提供し常に最新のサービスをユーザーに提供できるよう邁進して参ります。

■KINGSOFT Office 2007 Plusについて

「KINGSOFT Office 2007 Plus」は、マイクロソフトオフィスとの互換性に優れた統合型オフィスソフトです。ワープロソフト「Writer(ライター)」、表計算ソフト「Spreadsheets(スプレッドシート)」、プレゼンテーションソフト「Presentation(プレゼンテーション)」の3つで構成され、マイクロソフト2003をご利用の方なら、新たに操作を覚える必要もありません。また、複数ファイルのタブ表示やPDF出力、オンラインバージョンアップサービスなど、独自の機能も搭載しています。 詳細は、リンクをご覧下さい。

【「KINGSOFT Office 2007 Plus・2GB USBメモリ入り」 製品データ】
■製品名: KINGSOFT Office 2007 Plus・2GB USBメモリ入り
(キングソフト オフィス 2007 プラス・2GB USBメモリ入り)
■発売日: 2008年12月5日(金)
■価 格: オープンプライス(想定価格:8,500円前後)
■販売エリア: 全国の量販店
■動作環境: OS:Windows Vista/XP/2000 日本語版
CPU:500MHz以上
メモリ:256Mb以上(Vistaは1GB以上)
モニタ:800x600ドット、ハイカラー以上
その他:自動アップデートにはインターネット環境が必要(ブロードバンド推奨)

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■キングソフト株式会社について
キングソフト株式会社は、中国におけるコンシューマー向けソフトウェア企業である金山軟件(香港上場:0388)のジョイントベンチャーとして設立された会社です。金山軟件はセキュリティソフトとオフィスソフトの両分野において中国でトップクラスのシェアを誇り、インターネットとソフトウェアを融合させた新しいサービスを日本市場で展開しています。日本における製品展開は、セキュリティソフトとオフィスソフトの2つのラインから成っており、セキュリティソフトはすでに150万人以上のユーザーが利用しています。さらに2007年7月「広告付完全無料版」サービス開始後はより多くのユーザーからの支持を受け、現在では毎月10万人以上の新規ユーザーを獲得しています。また同年2月、マイクロソフトオフィスに対して高い互換性持った「KINGSOFT Office 2007」を日本で正式リリースして以降、多くの個人ユーザーをはじめ企業・学校・政府機関等にご利用いただき確実にシェアを伸ばしています。今後もすべての方に高品質な製品を低価格で提供し、インターネットとソフトウェアを融合した最新のサービスを目指して成長して参ります。

関連情報
http://www.kingsoft.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事