logo

ジュニパーネットワークス、エッジ・ポートフォリオを拡充する「インテリジェント・サービス・エッジ」を発表

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲。以下、ジュニパーネットワークス)は本日、同社のエッジ・ポートフォリオを拡充する「インテリジェント・サービス・エッジ」(以下、ISE)を発表しました。ISEには、「Mシリーズ」マルチサービス・エッジルーティング・プラットフォームおよび「MXシリーズ」イーサネット・サービスルーター用「MultiServices DPC」(以下、MS-DPC)や「Flexible PIC Concentrator」(以下、MX-FPC)などのハードウェア新製品と「JUNOS®」ネットワークOSへのエッジサービス機能の追加が含まれています。これらのハードウェア新製品とアップグレードされた「JUNOS®」を導入することで、サービスプロバイダは、サービス導入時間の短縮と運用管理の簡素化を実現することができます。

サービスプロバイダによるサービスメニューが急速に拡大している今日のネットワーク環境においては、最大限の拡張性とパフォーマンスを備え、運用効率に優れたエッジルーティング・プラットフォームに対する需要が高まっています。ジュニパーネットワークスでは、「JUNOS®」とエッジルーティング・プラットフォームを融合することで、ブロードバンド・ルーティング、音声、マルチメディア、統合型セキュリティおよびアプリケーション統合などのインテリジェントなエッジサービスに柔軟に対応し、サービスプロバイダの収益増加と運用効率の向上に貢献します。

MS-DPCは、目的特化型プロセッシング・エンジンとして、「MXシリーズ」のパケット転送能力を犠牲にすることなく、サービスの導入に擁する時間を短縮します。MS-DPCを挿入することで、ルーティングやスイッチング機能に加えて、ステートフル・ファイアウォール、NAT、IPSecなどのセキュリティ機能が「MXシリーズ」に追加されます。

また、「MXシリーズ」は、「Flexible PIC Concentrator」(以下、MX-FPC)を挿入することで、「Mシリーズ」や「Tシリーズ」のOC-48やOC-192物理インタフェース・カード(PIC)を利用して、SONETなどの非Ethernetメディアとの接続が可能になります。これによって、ネットワーク構成の簡素化と運用コストの削減を可能にします。さらに、ジュニパーネットワークスの次世代パケット転送ハードウェアであるFEB(forwarding engine board)によって、「M7i」および「M10」の機能を拡張し、キャリアグレードの処理能力をWANエッジでも活用できます。

また、ジュニパーネットワークスでは、ハードウェア新製品に加えて、「JUNOS®」に以下のエッジサービス機能を追加します。

ブロードバンド・ルーティング・サービス:加入者管理機能を「Mシリーズ」および「MXシリーズ」に搭載。
ダイナミックなアプリケーション管理:ジュニパーネットワークスのセキュリティならびにポリシー管理によって、ステートフルな加入者ごとのアプリケーション監視、先端のアプリケーション特化型サービスとQoSを提供。
侵入検知防御:ジュニパーネットワークスの「IDP」侵入検知防御システムによるアプリケーション層におけるセキュリティの強化。
セッション・ボーダー・コントロール:VoIPやマルチメディア・アプリケーションにおけるサービス品質とセキュリティの確立。
これらの機能拡張によって、エッジ部分における機器やOSの種類を削減し、ネットワークの管理を簡素化します。また、サービスごとに導入していたアプラインスの数を減らすことで、ネットワークの消費電力、スペース、冷却にかかる費用を削減できます。

ジュニパーネットワークのアジア太平洋地域CTO(最高技術責任者)であるマット・コロン(Matt Kolon)は、次のように述べています。「今回発表した『インテリジェント・サービス・エッジ』によって、お客様のネットワークの運用効率は、さらに向上するでしょう。新しいサービスに対応するための拡張性、サービス導入の柔軟性と迅速性によって、サービスプロバイダの収益向上に貢献できると確信しています。」

ジュニパーネットワークスの「Mシリーズ」マルチサービス・エッジルーティング・プラットフォームに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
リンク

ジュニパーネットワークスの「MXシリーズ」イーサネット・サービスルーターに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
リンク

ジュニパーネットワークスの「JUNOS®」ネットワークOSに関する詳しい情報は、以下のURLでご覧になれます。
リンク

ジュニパーネットワークスについて
ジュニパーネットワークスは、ハイ・パフォーマンス・ネットワーキングのリーダーです。一元化されたネットワークにおけるサービスおよびアプリケーションの展開を加速するのに不可欠な、即応性と信頼性の高い環境を構築するハイ・パフォーマンスなネットワーク・インフラストラクチャを提供し、お客様のビジネス・パフォーマンスの向上に貢献します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下のURLでご覧になれます。
www.juniper.co.jp

ジュニパーネットワークス株式会社について
〒163-1035 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー N棟 35階
電話番号(代表):03-5321-2600

Juniper Networks、JUNOSおよび Juniper Networksロゴは、米国をはじめ世界各国で Juniper Networks, Inc.の商標として登録されています。その他記載されている商標、サービス・マーク、登録商標、登録サービス・マークは、各所有者に所有権があります。


<報道関係からのお問合せ先>
ジュニパーネットワークス株式会社
能宗正則(のうそうまさのり)
TEL : 03-5321-2866
メール : mnoso@juniper.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。