logo

littlemoreBCCKS第一回「写真集公募展」 最終審査結果発表のお知らせ http://littlemore.bccks.jp

★応募総数640冊。“写真集”の公募展、出版化される大賞作品決定! ★「写真ではなく“写真集”の公募だったこと」「応募と同時に公開されたこと」により  第1回目にして、高いクオリティーの公募展が実現

株式会社BCCKS(ブックス)[本社:東京都品川区代表取締役山本祐子]は、株式会社リトルモア[本社:東京都東京都渋谷区/代表取締役:孫家邦]と共催で、Web メディアを利用した新しい形式による写真公募展として“littlemoreBCCKS第一回「写真集公募展」” を開催、2008年8月8日(金)より公募を開始し、10 月27 日(月)に受付を終了しました。この3ヶ月弱に渡る期間での応募総数は640作品、うち、下記入選作品ほか各賞の発表を11 月28 日(金)に同サイトにて発表しました。

今回の応募展では、名だたる審査員達がそのクオリティーの高さに驚かされました。写真として、本として、個性的で新しい試みがされた640冊は圧巻の一言。「写真ではなく“写真集”の公募だったこと」、「応募と同時に公開されたこと」が、第1回目にして、高いクオリティーの公募展の実現につながりました。

<各賞>
大賞     ・・1作品:リトルモアから来春、写真集として印刷・出版の他、デジタルカメラなど
審査員賞  ・・8作品:デジタルカメラなど
リトルモア賞・・1作品
ユーザー賞 ・・3作品:デジタルカメラなど(※ユーザーの反応を元に、BCCKSで1∼3位を選考)
入選     ・・17作品

大賞ほか各賞および入選作品については、2009年1月10日(土)∼25日(日)、リトルモア地下にて「受賞作品展覧会」を開催予定です。
また、12月上旬∼中旬にかけては、今回の審査会の模様をまとめたドキュメンタリーブック「審査会BCCK」のほか、受賞作品への講評と受賞者のコメントをまとめた「受賞者BCCK」を随時アップする予定です。

<受賞作品一覧> 
●大賞:『varnish and mortar』永井祐介
 リンク
●審査員賞/葛西薫『AO NATU』中川大祐
リンク
●審査員賞/中島英樹『anywhere and nowhere』monikajunker
リンク
●審査員賞/服部一成『いとしのユーカ』kazu.t
リンク
●審査員賞/松本弦人『Hach schoon !』成田舞
リンク
●審査員賞/宇壽山貴久子『ふきそくへんか』shiho
リンク
●審査員賞/梅佳代『青春吉日』梁丞佑
リンク
●審査員賞/大森克己『瞬きするモデル』伊藤いずむ
リンク
●審査員賞/瀧本幹也『」と「』橋本大和
リンク
●リトルモア賞 『虹のでるカメラ』高橋宗正
リンク
●ユーザー賞1位 『GOODBYE-TAMPOPO』林千絵
リンク
●ユーザー賞2位 『いただきますってだれに言う?』黒木榮一
リンク
●ユーザー賞3位 『Funnily Happy』前島圭一郎
リンク


この公募展は、誰もがweb 上で「本」のようなメディア(ブック)を作れる、新しいコンセプトのwebサービス「BCCKS」(2008 年2 月28 日よりテストサイトオープン)の仕組みを使い、「写真~編集~デザイン」における新しい可能性と出版の形を追求した、かつてない「写真集」形式の公募展です。web上での(BCCKS 専用フォーマットによる)写真の編集からデザインまでを含めた” 写真集という形式での公募”、さらに、開催中も一般ユーザーが応募作品を閲覧したり、書評が書き込めたりすることができるという”相互性”、この二つの新しい試みに加え、最終審査では第一線で活躍中のデザイナーや写真家により、大賞ほか審査員賞などを決定いたしました。

littlemoreBCCKS「写真集公募展」に関する詳細は、下記にてリリース資料をご参照ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

littlemoreBCCKS「写真集公募展」最終審査発表画面イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事