logo

~ OSや仮想化混在環境でのセキュアな通信の実現 ~ 「Linux on IBM System z用SSH Tectia Server」を販売開始

安全、安心なネットワーク社会の実現を目指す株式会社ディアイティ(本社:東京都江東区)は、SSH コミュニケーションズ・セキュリティ社(本社:フィンランド)が開発したSSH Tectiaシリーズの新製品「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」を12月1日より販売開始いたします。

今回新たにラインアップに加わった「SSH Tectia Server for Linux on IBM System z」は、ITインフラの簡素化を実現するシステムとして導入が広がっているIBMメインフレームシステムにおいて、ネイティブや仮想化環境で動作する Linux on IBM System z上での、強力なデータ暗号化、セキュアなファイル転送機能の利用を可能とします。

SSH Tectiaシリーズは、PCI DSS等で利用が義務付けられているSSHプロトコルの開発元であるSSH社が商用版として販売する通信ソフトウェアであり、世界的に最も厳しい調達基準であるFIPS 140-2の認定を取得しています。
SSH Tectia Serverが、従来のWindows、UNIX、Linux、IBM z/OSのサポートに加え、Linux on IBM System zに対応したことにより、様々なOSや仮想化環境が混在する企業のIT環境において、セキュアなファイル転送、データ通信環境を実現できます。また、現状のインフラ、アプリケーション構成に変更を加えることなく導入できるため、費用対効果に優れたセキュリティ・ソリューションです。


●販売ターゲット
IBM製メインフレームシステムを導入している企業・組織、金融機関、研究機関等

●販売目標
初年度 100ライセンス

● 希望小売価格(消費税別)
SSH Tectia Server for Linux on IBM System z
オープンプライス (参考価格:¥1,800,000~)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。