logo

ウイングアーク、大量印刷ニーズに対応したエプソンの新機種プリンタに連携

複雑化、多様化する帳票運用ニーズに柔軟に対応し、幅広い印刷環境を展開

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、このたび、帳票分野での大量印刷ニーズに対応したエプソン製ページプリンタと、帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade」(以下、SVF)および帳票運用管理ツール「Report Director Enterprise」(以下、RDE)が連携したことを、お知らせいたします。

 業務に必要不可欠な帳票は、業務の流れとなり基幹業務における帳票出力から業務を支えています。ビジネスを取り巻く環境が変化する中、変化に柔軟に対応できる帳票運用環境が必要とされています。
 このたびの連携により、SVFおよびRDEで運用する帳票データを、耐久性能を兼ね備え大量給排紙にも対応したエプソン製ページプリンタから帳票印刷することが可能になりました。

 対応プリンタ:LP-S4200/LP-S3500

 「SVF」は、企業システムに欠かせない帳票運用の短期構築をはかり、高い精度とパフォーマンスを備えた帳票作成を実現してまいりました。また、帳票運用の一元化、統合化を実現する「RDE」との連携により、基幹システムの帳票運用一括管理をはかり、運用の効率化とビジネスに即応できる帳票運用環境を提供します。また業務用途にあわせ、PDF・大量出力・Webからのクライアント印刷・メール・ FAXなど、運用にあわせた幅広い帳票運用環境を提供いたします。

 ウイングアーク テクノロジーズは、この度のエプソンの新機種プリンタ連携により、幅広いビジネスニーズに対応できる帳票印刷環境を提供いたします。また、複雑化、多用化するビジネスニーズや環境にあわせて、業務に欠かすことのできない帳票を出力できる環境を提供してまいります。

なお、両製品の連携詳細については下記URLをご参照ください。
 リンク

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:83億円(2008年2月期)
従業員数:161名(2008年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL:リンク

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事