logo

京セラコミュニケーションシステム、 位置情報サービス「SAVE PLATFORM」の通信網に 新たにPHS通信網「KWINS 4x」を追加

~リアルタイムでの位置情報の取得を月額定額制で実現~

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 小林元夫 以下KCCS)は、位置情報サービス「SAVE PLATFORM(セーブ・プラットフォーム)」の通信網に、新たにPHS通信網「KWINS*1 4x」を追加したことを発表致します。

「SAVE PLATFORM」は、KCCSが、インターネットデータセンター「D@TA Center*2」での豊富な実績とMVNO*3のメリットを活かし提供するASP型の位置情報サービスです。独自に開発した高精度GPS端末「イチしるべ*4」から「位置・速度・方位・時刻・ステータス」などの情報を取得し、KCCSからMVNOとして提供する通信網を使って「D@TA Center」に送信し、記録・管理します。

従来、「D@TA Center」に位置情報を送信する通信網にはau通信網「KWINS 3G」を利用しておりましたが、この度新たにPHS通信網「KWINS 4x」にも対応させ、安価な定額制サービスの利用を可能にしました。
PHS通信網「KWINS 4x」の月額定額制を利用することにより、「イチしるべ」が3秒間隔で取得した位置情報を、通信費を気にすることなく送信することができるので、お客様にはより使い易く、短い間隔で詳細に軌跡情報を取得していただくことが可能になります。
また、万が一通信エリアが圏外になった場合でも、取得した位置情報を端末内のメモリに記憶し、圏内に入った時点で一括伝送することができるため、位置情報が欠落する心配はありません。


□料 金(税 込)
月額7,875円/端末1台あたり
※契約期間によって異なります。
※イチしるべ端末レンタル料、ASPサーバ利用料、通信料を含みます。
※上記費用の他に別途、初期費用が必要となります。

□販 売 目 標
売上:1億円/年間
販売台数:1,500台/年間

□販 売 開 始 日
  2008年10月30日


位置情報データは、物流・運送・配送業務における配送進捗管理、効率的な配車手配、運行日報の作成に利用できると同時に、企業の法令遵守に向けた証明データとしても活用できるなど、幅広い分野での用途が見込まれます。今後もお客様のご利用形態・業務形態に応じた柔軟なサービスを展開していくと共に、他の通信キャリア・通信手段への展開も視野に入れて更なるサービスの充実を図って参ります。

*1 「KWINS(クインズ)」はKCCS Wireless IP Network Serviceの略称で、KCCSがMVNO(Mobile Virtual Network Operator )として企業向けに提供するKCCSブランドのモバイル通信サービスです。KWINSの詳しい情報については、Webサイトリンクをご覧下さい。
*2 KCCSが1999年9月に開設した、eビジネスの総合サービスを提供するインターネットデータセンター。
*3 Mobile Virtual Network Operatorの略で、既存の携帯電話会社から基地局やネットワークなどの設備を借り受けて、独自の移動体通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者。
*4 手のひらサイズの筐体にGPSモジュール/通信/組込PCをパッケージングした高性能GPS端末です。高性能GPSモジュールを搭載し、電波状況の悪い位置取得環境下においても高精度な単独測位が実現可能です。組込OS(Linux)を搭載することにより、端末上に利用目的・業務要件に合わせたアプリケーションを実装することができ、機能の追加や修正も容易にできます。RS-232Cポートの標準装備により外部機器との連携も可能です。買取りまたはレンタルでの提供を行っております。

*製品名及び会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事