logo

情報共有化のためのSNSを導入サポート開始!研究室や研究プロジェクトなどで、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を導入してみませんか?

サイエンスウェブ株式会社 2008年10月24日 12時00分
From DreamNews

* EメールよりもSNSの方が、コミュニケーションしやすい。
* 研究室や研究プロジェクトのメンバーのみで、情報を共有できる。
* 他研究機関などの共同研究メンバーでも、SNSを利用して、情報を共有できる。
* プロジェクトの進捗や、問題点、意見収集。
* 施設予約やイベントの案内。
* 参加メンバーのプロフィール、日記などで親近感アップ。
* 共通のリンク集や、連絡事項。など。
情報共有化のために、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を導入しませんか。

すでに、社内SNSを活用している企業も少なくありません!
SNSは、コミュニケーションツールです。

SNS活用方法としては、

* EメールよりもSNSの方が、コミュニケーションしやすい。
* 研究室や研究プロジェクトのメンバーのみで、情報を共有できる。
* 他研究機関などの共同研究メンバーでも、SNSを利用して、情報を共有できる。
* プロジェクトの進捗や、問題点、意見収集。
* 施設予約やイベントの案内。
* 参加メンバーのプロフィール、日記などで親近感アップ。
* 共通のリンク集や、連絡事項。など。
サイエンスウェブでは、研究プロジェクトSNSとして、サーバ構築から運用サポートまで、お手伝いいたします。
フリーオープンソースを利用するので、低価格でご提供できます。

リンク



連絡先: 〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-11-6
     サイエンスウェブ株式会社
     丹野 篤美
     E-Mail: sales@science-web.co.jp
     TEL: 029-828-5600
     FAX: 029-828-5602

会社概要:
     商号:サイエンスウェブ株式会社
     代表取締役:丹野 篤美
     設立:2007年8月
     本社所在地:茨城県つくば市竹園2-11-6
     支社所在地:東京都台東区台東2-7-4 和田ビル2階 SAJ東京オフィス
     事業内容:研究機関向けのホームページ制作
          ・ホームページの新規作成
          ・ホームページの運用管理
          ・Webシステムの開発
          ・その他、インターネットにかかわる業務

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事