logo

京大発ベンチャーによる純国産オープンソースCMS、動作条件を緩和

株式会社日本情報化農業研究所(京都市左京区 京都大学VBL二階)は24日、同
社が中心となり開発を進めている純国産オープンソースCMS、「SOY CMS」の
動作条件を緩和し、設定を簡易化した新バージョンをリリースいたします。

株式会社日本情報化農業研究所(京都市左京区 京都大学VBL二階)は24日、同
社が中心となり開発を進めている純国産オープンソースCMS、「SOY CMS」の新
バージョンをリリースいたします。

「SOY CMS」はデザインと動作、サイト構成とコンテンツをそれぞれ可能な限り
分離していることを特徴とする汎用CMSです。そのことによって最適なデザイン
と情報設計とをCMSの機能に制限を受けることなく自由に行うことが可能にな
り、CMS導入時のコストも大幅に削減することができます。また、ユーザイン
ターフェイス設計にも配慮しているため、システム利用に不慣れなユーザにも使
いやすいようになっています。

今回のバージョンアップの主な内容は下記のとおりです。

・動作条件を緩和しました。ロリポップなど、magic_quotes_gpcの設定を変更で
きないサーバでも動作するようになりました(magic_quotes_gpcはOffが推奨環
境です)。
・ファイルマネージャによりアップロードできるファイルの種類やテンプレート
でのPHPスクリプトの許可などの設定を行いやすくしました。
・記事数が増えた場合の管理画面動作の高速化を行いました。
・バグの修正を行いました。


現在、株式会社日本情報化農業研究所では同CMSのカスタマイズ・プラグイン開
発をお受付しておりますが、今後はWebサービスを展開したい・Webメディアを持
ちたい非技術系の企業に対する動作エンジンの供給等も行っていく予定です。

<配布版ライセンス>
下記二種類のライセンスを選択いただけます。

GPL ver.2 無償
有償ライセンス 52500円 サポート180日以内3インシデントまで無料

<法人概要>
名称  株式会社日本情報化農業研究所
所在地 京都市左京区吉田本町京都大学VBL2階
代表者 古莊貴司(ふるしょうたかし)
Webサイト リンク

<本件に関するお問い合わせ>
電話 075-204-4823
FAX 075-201-1332
担当 宮澤了祐(みやざわりょうすけ)

SOY CMS 公式サイト リンク
SOY CMS フォーラム リンク
SOY CMS お問い合わせメールアドレス soycms@n-i-agroinformatics.com

関連情報
http://www.soycms.net/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事