logo

ゲッティイメージズ、ジュピターイメージズを買収

買収により、ジュピターイメージズブランドを強化、 全てのプラットフォームやメディアにわたるデジタルコンテンツを幅広く提供、 さらにカスタマーサービスの向上へ。

シアトル発 2008年10月23日-世界最大のビジュアルコンテンツ及びデジタルメディアのクリエイターであり配信元であるゲッティ イメージズは、ジュピターメディア(Jupitermedia)(NASDAQ: JUPM)の100%子会社ジュピターイメージズ(Jupiterimages)を9600万ドルで買収する正式契約を締結したと発表しました。この買収により、世界中の顧客及び潜在顧客の方々に、全ての価格帯のデジタルコンテンツをさらに利用しやすく、有効なベネフィットを提供することができます。この買収は、株主と規制当局の承認が条件となります。

ゲッティイメージズの創設者、CEOであるジョナサン・クライン(Jonathan Klein)は、「デジタルコンテンツマーケットが拡大している中、ゲッティイメージズとジュピターイメージズの統合は、それぞれの顧客に有効なメリットをもたらすでしょう。ジュピターイメージズの顧客は価値あるコンテンツに敏感に察しています。弊社は、この買収を通して、コンテンツの拡充し、テクノロジーの向上、顧客サービスの充実、そしてローカルコンテンツを拡充することが出来ます。多様なメディア資産、グローバルに展開をしているゲッティイメージズとジュピターイメージズとの統合は、ゲッティイメージズのコンテンツをさらに強化し、双方の顧客へより関連したコンテンツを提供できるのです。さらに、ジュピターイメージズのブランドを世界中の顧客に広めることでしょう。」と述べています。

ゲッティ イメージズは、ジュピターイメージズブランド及びウェブサイトを維持しつつ、ゲッティ イメージズのテクノロジー、ライセンス、コンテンツ、ビジネスプロセス、サービスに統一させる予定です。ジュピターイメージズの所有している画像の多数のポートフォリオにより、ゲッティイメージズは、より多様性、利便性をもって、画像、その他のコンテンツを顧客に提供していきます。さらにゲッティイメージズのグローバルチャネルにより、ジュピターイメージズのプロダクト、サービス、人気のジュピターイメージズのUnlimited subscription製品は、世界中の顧客からアクセスされることでしょう。

「ジュピターイメージズは、ゲッティイメージズが世界中の顧客に対してベネフィットを構築していく基盤を築き上げています。ゲッティイメージズは、顧客に対して長期的な価値を提供するための戦略的投資に邁進しています。」とジョナサン・クラインは述べています。

<ゲッティ イメージズについて>
ゲッティ イメージズは、世界中のコミュニケーションプロフェッショナルに向けて、最大で最適なスチル写真・動画コレクション、マルチメディアプロダクト、そして音楽を含めたデジタルコンテンツを制作・提供する、世界有数のイメージコンテンツプロバイダー。スポーツやニュースなどの報道写真から、歴史資料的イメージやコンテンポラリーなイメージにまでおよぶゲッティ イメージズの製品は、新聞、雑誌、広告、映画、テレビ、書籍、ウェブサイト等、あらゆるメディアで日常的に利用されています。ゲッティ イメージズのウェブサイト(リンク)は、その優れたコンテンツ群から、多くのクリエイター達にイメージの検索・購入先として支持されています。ゲッティ イメージズは、ワシントンのシアトルに本社を構え、100ヶ国を超える国々に顧客を有するグローバルカンパニーです。詳しくは、ゲッティ イメージズのキャンペーンページ: リンク をご覧下さい。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事