logo

ライフサイズ・コミュニケーションズ株式会社: フルHD対応のビデオ・コミュニケーション&テレプレゼンス新製品

標準規格をベースとした1080p30/720p60を実現

ハイディフィニション(HD)ビデオ・コミュニケーションのグローバルカンパニー、LifeSize Communications, Inc.(本社:米国テキサス州オースティン 以下、LifeSize社)は本日、画質の精度をさらに高めた、フルHDビデオ・コミュニケーションとテレプレゼンス用ソリューションの新製品3種類およびインフラストラクチャー関連機器を発表しました。


今回、LifeSize社が提供するのは、業界初のフルHD対応ビデオ・コミュニケーションソリューション「LifeSize(R) Room 200(TM)」、同じく業界初となるフルHDテレプレゼンスソリューション「LifeSize(R) Conference 200(TM)」そして、豊富な機能を揃えたHDコミュニケーションシステム「LifeSize(R) Team 200(TM)」です。また同時に、より互換性と機能を高めたインフラストラクチャー製品とソフトウェアも提供いたします。


「LifeSize(R) Room 200(TM)」と「LifeSize(R) Conference 200(TM)」は、フルHDの1080p30および720p60に対応し、LiifeSize社の革新的技術の結集により従来にない帯域幅の柔軟性を実現し、フルHDコミュニケーションを低価格で提供します。「LifeSize(R) Team 200(TM)」は、デュアルモニター、デュアルMicPod、多拠点接続装置(MCU)などの機能を装備しつつ、同等レベルのシステムの半額以下で提供します。


LifeSize社製品の国内総販売代理店、日立ハイテクノロジーズITソリューション営業本部長の長尾 英則氏は次のように述べています。「当社にLifeSize社の日本における総販売代理店になることを決定させたのは、同社が業界トップの技術力を持ち、最高の品質と並外れた価値を実現している点に他なりませんでした。他に類を見ない低価格でフルHD画質を実現する最新のLifeSize(R) Room 200(TM)で、同社の技術力は、さらに競争力を増すことと確信しております」


■新製品概要
1) LifeSize(R) Room 200(TM)
●フルHDビデオ、画期的なコストパフォーマンス
1080p30および720p60という画期的な高解像度で、非常にリアルなフルHDビデオコミュニケーションを実現。フルモーションの高精細データ共有を可能にする720p30デュアルストリームもサポート。帯域効率を飛躍的に進歩させたLifeSize(R) Room 200(TM)は、1080p30を1.7Mbpsで、720p60を1.1Mbpsで、720p30はわずか768kbpsで配信し、顧客のランニングコストを抑え組織全体でテレプレゼンスを幅広く展開できます。フレーム速度は他のHDシステムの倍、遅延時間は半分にまで短縮されています。
同製品は、同等機器の半分にも満たないコンパクトサイズのスマートなユニット内に収められています。
●標準機能
─高価なスタンドアロン型ブリッジでしか利用できなかったトランスコーディング対応内蔵HD多拠点接続装置(MCU)で、最大6拠点での会議が可能。
─文書、表計算シート、プレゼンテーション、ビデオ、およびその他のデジタル情報をフルモーションの高精細、標準規格ベースで共有。
─展開の柔軟性を高める複数のカメラ入力。
─デュアルモニターサポートで様々なビデオおよびデータ表示方式を選択可能。


2) LifeSize(R) Conference 200(TM)
●テレプレゼンスを役員室の外まで拡大
LifeSize(R) Conference200(TM)は、顧客の環境に合わせてカスタマイズできる初のフルHDテレプレゼンスソリューションです。1080p30および720p60という高解像度により、等身大の画像、およびHD音声が配信でき、互いが同じスペースを共有しているような、リアルなテレプレゼンスを提供します。他のテレプレゼンスシステムで必要なコストと帯域幅のわずか数分の1で、顧客の厳しい要件、予算、および室内環境に合わせて最適化できる優れたテレプレゼンスソリューションです。


3) LifeSize(R) Team 200(TM)
●柔軟で強力なHDをあらゆるスペースに提供 
LifeSize(R) Team 200(TM)は、ワークグループ会議向けのHDビデオ・コミュニケーションにおいて、今までにない価値を提供します。様々な機能を満載したこのシステムは、同等レベルのシステムの半額以下で、デュアルモニター、デュアルMicPod、多拠点接続装置(MCU)を備えます。わずか1Mbpsの帯域でHD(720p30のビデオ)を配信する同製品は、既存ネットワーク内での幅広い展開を容易に実現可能できます。


■製品の互換性と機能拡張されたインフラストラクチャー関連機器
LifeSize社は、Cisco Call Manager、Siemens HiPath、ShoreTel Shorewareをはじめとする主要なIP-PBXシステムとの相互接続を実現しています。また、Microsoft Outlookによるスケジュール設定もサポート予定で、ビデオ・コミュニケーションを企業環境内に統合する際の柔軟性を大幅に高めます。


機能拡張されたインフラストラクチャー関連製品には、ISDNからIPへのゲートウェイ「LifeSize(R) Networker(TM)」や、初のSIPおよびH.460一体型セキュアファイアウォール/NATトラバーサルソリューションの1つ「LifeSize(R) Transit(TM)」があります。また、12および24ポートのHD多拠点接続装置(MCU)「LifeSize(R) Multipoint(TM)」も発表されました。


「LifeSize(R) Multipoint Extension(TM)」ソフトウェアは、LifeSize Multipointユーザーにとって欠かせない新機能を提供します。ラップトップパソコン、ウェブカメラ、およびネットワーク接続があれば誰でも、ビデオ会議に参加できます。LifeSize(R) Multipoint Extensionを使用すると、テレビ電話の録画、Microsoft Outlookとの統合、ウェブを使用したスケジュール設定、およびウェブ放送も可能です。現在、LifeSize社は最高のビデオ・コミュニケーション機器のほか、最先端のIT環境でシームレスに運用できる、企業レベルの監視機器を提供しています。


LifeSize CommunicationsのCEO兼創業者、Craig Malloyは、次のように述べています。「今日の経済環境を背景に、お客様はこれまで以上に、HDビデオを重要な手段としてとらえるようになっています。HDビデオを利用して競争力を維持し、世界各地に分散しているワークグループ間を接続して、費用を削減しようとしています。LifeSizeによってそのような解決策を見出すお客様は、四半期ごとで数千社にも上ります。当社は最新の製品によって、コストパフォーマンスを新たなレベルに引き上げると同時に、品質基準を刷新し、世界中のあらゆる場所で知的労働に従事する人々に向けてテレプレゼンスを提供しています」。


■製品の提供時期
本日より、LifeSize(R) Room 200(TM)、Conference 200(TM)、およびTeam 200(TM)の注文受け付けを開始します。量産は2008年11月上旬に開始予定です。


各顧客におけるLifeSize社の製品の導入事例は、 
リンク からダウンロードできます。
LifeSize社のHD製品ラインナップの一覧は、 リンク を参照ください。


■LifeSize Communicationsについて
LifeSize社は、HDビデオ・コミュニケーションのパイオニアです。業界経験者によって2003年に創設され、2007年にはVideoconferencing Insight誌より「Videoconferencing Company of the Year」を授与されました。日本では2006年9月に日本法人、ライフサイズ・コミュニケーションズ株式会社を立上げ日本のVCマーケットに参入して以来、多数の実績をあげています。
LifeSize社のソリューションは、非常に優れた品質、操作のシンプルさ、管理のしやすさを兼ね備え、生産的で真に迫るビデオ・コミュニケーションを作り出します。LifeSize社はテキサス州オースティンを本拠地とし、ヨーロッパおよびアジア太平洋地区に子会社を、また80カ国を超えるチャンネルパートナーのネットワークを擁しています。


*本リリースに記載されている登録商標は、米国LifeSize Communications, Inc.の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


本件に関する問い合わせ先
 ライフサイズ・コミュニケーションズ株式会社
 TEL:03-5326-3197  担当・小幡
 株式会社アクティオ  
TEL:03-5771-6426  担当・有本、呉、大蒲

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事