logo

波長分散補償器フィルターモジュールの世界市場予測と分析

米国の調査会社エレクトロニキャスト社は、10 Gbps以上のネットワークの試験・測定機器の市場シェアは2012年までに71%になるだろうと報告する。

カリフォルニア州アッパーレイク、2008年10月22日
光ファイバー通信市場と技術に関する予測やコンサルティングを行う米国の専門調査会社エレクトロニキャスト社は、波長分散補償器フィルターモジュール(CDCFM)の世界市場の消費と技術傾向を予測・分析した調査レポート「波長分散補償器フィルターモジュールの世界市場予測と分析 2007-2012年」を出版した。この調査レポートは、10 Gbps以上のネットワークの試験・測定機器が通信ネットワーク向けのモジュールに占める割合は2007年に49%を上回ったと報告している。2012年までに、より高速なデータ通信速度(=/> 10 Gbps)の遠隔調整や、可変(調整可能な)CDCFMやCDCMの需要が高まり、市場はシェア71%、1億5017万ドルと急成長するだろう。10Gbps以下の可変ネットワークモジュールは、2012年に4304万ドル、16%のシェアとなるだろう。転送速度が10Gbps以上の固定CDCFMの市場は、予測期間中は減速するだろう。

「設計者は、次世代ファイバーよりも固定(プラグイン)CD補償器と可変補正器を組み合わせて使用することを考えている。多くの長距離サービスプロバイダが、1995-2000年にファイバーに高額の投資を行っており、近い将来にもう一度、大きなファイバー投資を行うつもりはない」とエレクトロニキャスト社のアジア太平洋地域の社長Stephen Montgomery氏は語る。


◆調査レポート
波長分散補償器フィルターモジュールの世界市場予測と分析 2007-2012年
リンク

◆米国 エレクトロニキャスト社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事