logo

調査結果「エコへの関心が最も高いのは『ホンダ』ユーザー ~2割強がアイドリング・ストップ実践」

「エコ」に「非常に関心がある」のは全体の1割半、「多少は関心がある」が
6割半で、全体の8割弱は「関心あり」。「カーボンオフセット」という活動
を認知していたのは2割強という回答者の中で、車やバイクを所持する275名
に聞いたところ、「アイドリング・ストップ」を実践しているのは1割半程度。
所持する車のメーカー別に見ると、「ホンダ」ユーザーでは実践率が2割強と
他に比べ高いのが目立ち、エコへの関心も「非常にある」とした人が2割弱と
高め。ホンダユーザーのエコ関心度の高さが伺える結果となった。

 エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー
        ~2割強がアイドリング・ストップ実践
 発表URL:リンク

<調査概要>
停車時にエンジンを止める「アイドリング・ストップ」が個人ドライバーに
も推奨されているが、実際、どの程度実行されているのだろうか。また、乗っ
ている車やバイクのメーカーによって、エコへの関心などに差はあるのだろ
うか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女402名の回答を集計した。
「車やバイクの運転をする」としたのは7割弱、275名。運転頻度は「毎日」
が半数近くを占め、「週数回」が3割弱、「月数回以下」が2割強で、所有す
る車のメーカーは「トヨタ」が3割弱、「ホンダ」が1割半、「日産」が1割強。
バイクのメーカーは「ホンダ」が4割弱、「スズキ」が3割、「ヤマハ」が2割
弱。

車の所有に関わらず、エコへの関心は「非常にある」が14.7%、「多少はあ
る」が63.7%で、合わせると全体の78.4%が「関心あり」と回答。また、地
球温暖化対策として注目されている「カーボンオフセット」という活動につ
いては「知っている」が22.1%、「名前だけ聞いたことがある」が27.6%で、
「初めて聞いた」としたのは50.2%だった。

「エコ」に関心があるかどうかを所持している車のメーカー別に見ると、所
持率トップ3の国内メーカー3社で、「非常に関心がある」が最も高かったの
は「ホンダ」の17.9%。次いで「日産」が15.6%、「トヨタ」が13.8%となっ
た。その他の国内メーカーでは、「スバル」と「スズキ」は「非常に関心が
ある」の割合が20%を超えた。「ドイツ車」の「非常に関心がある」は13.6
%。バイクのメーカー別では、「非常に関心がある」と回答したのは「ホン
ダ」の所持者のみで27.3%。車でもバイクでも、「ホンダ」に乗っている人
は「エコ」に高い関心があると言えそうだ。

信号待ちや駐停車の時の「アイドリング・ストップ」実施と、所持している
メーカーとの関係を見ると、所持率トップ3の国内自動車メーカー3社で「し
ている」人の割合は高い順に「ホンダ」の23.1%、「日産」の15.6%、「ト
ヨタ」の13.8%。2名以上の所持者がいる国内メーカーでは、「スバル」が最
も高く25.0%だった。

外車は「ドイツ車」で1人実施。バイクは、「ホンダ」が27.3%で複数名が実
施している唯一のメーカーに。「エコ」に関心が高い「ホンダ」の所持者は、
「アイドリング・ストップ」の実施率も高いようだ。

<調査データ>
・「エコ」に関心はありますか?
・「カーボンオフセット」という活動を知っていますか?
・車、バイクのメーカーはどこですか?
・「アイドリング・ストップ」をしていますか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:402名
調査日:2008年10月8日~10日
男女比:男性:52.0% 女性:48.0%
年代比:20代:11.4% 30代:50.7% 40代:29.6% その他:8.2%

 ────────────────────────────────
 「アイドリングストップに関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
  リンク
  アイシェアのリサーチ情報公開サイト「rTYPE」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: リンク
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: リンク

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。