logo

今年の年末商戦はソニーのブルーレイレコーダーが買い!

今年の年末商戦はソニーのブルーレイレコーダーが買い!
すべてのハイビジョンテレビが、今よりもキレイな2011年画質に!!
~ブルーレイディスクレコーダー6機種を発売~



■今、ブルーレイが来ている!!■

○ハイビジョンレコーダーの購入意向は41.3%!
(株)日本リサーチセンターが今年の夏に実施した調査によると、不景気の影響からか、耐久消費財全体の消費意向に失速が見られる中、ハイビジョンレコーダー(ブルーレイディスクレコーダーなど)のみ好調な伸びをみせています。
地上波デジタル放送への移行が本格的に始まるとともに、ブルーレイディスクレコーダーへの注目度も更に高まり、ハイビジョンレコーダーの購入意向者は全体の 41.3%、また1年以内購入意向者を見てもハイビジョンレコーダーが急速に伸びていることが分かります。2008年夏の時点ではフラットテレビ(全体46.9% / 1年以内10.1%)に次ぐ購入意向者数となり、ブルーレイディスクレコーダーはもうすでに身近な存在になったと言えるでしょう。

○映画見るならブルーレイ! TSUTAYAでも続々タイトル拡充中!
DVDレンタル最大手であるTSUTAYAでは、現在、全国1349店舗(8月末時点)、及びTSUTAYA DISCASにて『ブルーレイソフト』のレンタルを行っており、映画・アニメなど。ジャンルも豊富に対象タイトル数も139タイトル(9月末時点)と、順調に拡大しています。

TSUTAYA広報は、 「多くのお客様にブレーレイソフトの高画質な映像をお楽しみ頂いており、今後のタイトルの拡充に多くの要望が寄せられています。また、今期は、ブルーレイソフトの映像の素晴らしさを TSUTAYAのすべてのサービスプラットフォームを通じて、お客様に訴求していきたいと考えています。」と、今後の展望を語っています。消費者にとって身近なレンタルショップでの取り扱いが増えることで、世の中のブルーレイに対する興味・関心はますます高まっていくことが予想されます。


■ブルーレイディスクはやっぱりソニー!■

次世代と言われた規格がブルーレイに。集約され、各メーカーが競って様々な ブルーレイ製品を開発しています。
今年7月の日本リサーチセンターの調べによると、「ブルーレイディスクと聞いて 一番に思いつくメーカーは?」という質問に対し、83.1%が「ソニー」と答えました。ブルーレイディスクといえば、やっぱり、ソニーです!


■ソニーのブルーレイならどのハイビジョンテレビでもキレイに!!■

○ソニーのキーワードは2011年画質!!
2011年の地上デジタル放送完全移行へ向け、ハイビジョンへの関心が高まる中、ソニーは更なる高画質を追求してまいりました。
そして2008年、ソニーのブルーレイが掲げるキーワードは 2011年画質。
これはブルーレイに搭載されている新・高画質回路“CREAS(クリアス)” によりハイビジョン映像をさらにキレイに楽しんでいただける画質です。“くっきり効果”と“なめらか効果”で、今までに感じたことのない鮮鋭感と立体感のある映像がお楽しみいただけます。

○どのハイビジョンTVでもキレイにするソニーの新技術“CREAS(クリアス)”
ソニーの新技術”CREAS(クリアス)”の最大の特徴は、<HDリアリティエンハンサー>と<Super Bit Mapping For Video>によりもたらされる「再現力」です。ハイビジョンTVとHDMIケーブルで接続すれば、8ビット(256階調)の映像を64倍の14ビット(16,384階調)の映像まで高め、8ビットや10ビットパネル搭載のハイビジョンTVでも、14ビット相当の高階調にて再現します。
ソニーのブルーレイディスクレコーダーと、HDMIケーブルで接続するだけで、どんなハイビジョンテレビでも、さらに高画質でリアリティーあふれる映像を再現できるのです。


■ソニーのブルーレイで、ハイビジョンをとことん楽しむ!■
美しさも使いやすさも!ソニーのレコーダーなら選べる4スタイル!

○スタイルT 『BDZ-T75/55』
⇒見たい番組を、ハイビジョンでどんどん録画。ソニーのブルーレイは2011年画質だから、より美しく楽しめる

○スタイルL 『BDZ-L95/55』
⇒テレビはもちろん、“ハンディカム”やデジタルスチルカメラも。自分で撮った映像を、簡単にハイビジョンで残せる

○スタイルX 『BDZ-X100/95』
⇒画質にも音質にも、磨き抜かれた品格を。 リビングが高品位なハイビジョンシアターになる

○スタイルA 『BDZ-A70』 ※BDZ-A70に”CREAS(クリアス)”は搭載されておりません。
⇒PSP(R)で、“ウォークマン”で、ケータイで。 録画した番組を転送して、好きな場所に持ち出せる

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事