logo

ウルシステムズ、Web-EDIと流通BMSを統合した業界初のソフトウェア「UJX-Direct WEB」販売開始

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)はこのたび、流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)(注1)に対応したEDI取引(注2)をWEB-EDIとして安価で簡単に実現できる新製品「UJX-Direct WEB」を2008年10月から全国にて販売開始することを発表します。本製品は株式会社ジェイ・エス・エス(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:杉本 昌保)がすでに採用を決定しています。流通BMSに対応できるWeb-EDIが実現するのは全国で初めての事例となります。

流通業界では、経済産業省の主導により流通BMSが2007年4月に策定され、大手流通業各社を中心に導入への取組みが本格化しています。既存の基幹システムと流通BMSを連携するためには、取引データの複雑で高度な技術を要するマッピング作業やシステム開発のための期間や費用が発生するためすぐに連携に踏み切れない企業が多いのが現状です。

一方、Web-EDIは、インターネット技術を利用した安価で導入が簡単なEDIとして広く利用されてきました。しかし受発注に関するメッセージや手順が共通化されていないため、基幹システムと連携するための開発コストが増加したり、人手を介して個別ファイルをダウンロードやアップロードするためミスや遅延が発生するなどの課題があります。流通BMSへの対応を計画している流通業各社では、Web-EDIの導入の手軽さを活かしつつ業界標準規約である流通BMSに対応できる新しいサービスが求められていました。

そこでウルシステムズは、流通業各社が安価で簡単に流通BMSに対応したEDI取引を実現できる新製品「UJX-Direct WEB」を開発しました。「UJX-Direct WEB」は、Web-EDIの導入のしやすさと、流通BMSがもつ業界標準規約を取り入れた業界初の製品です。これまで取引先ごとに個別に存在していたフォーマットが共通化されているため、業務の効率化が可能です。また流通BMS対応EDIソフトウェア「UMLaut/J-XML」(注3)を導入している流通業者が、その取引先に対して早期に流通BMS対応できるよう支援することができます。特に現在電話やFAXで受発注対応している中小の取引先企業を多く抱える小売企業にとって、流通BMSをスムーズに展開する手段として本製品は適しています。

「UJX-Direct WEB」の価格は、150万円(税込)~となります。
今後ウルシステムズは、株式会社ジェイ・エス・エスを含め、各地域の流通業各社の業務効率化を推進する企業様とともに、流通BMSの普及促進と日本の流通業各社の業務改善に貢献してまいります。


<株式会社ジェイ・エス・エス 企業概要>

株式会社ジェイ・エス・エスは創立以来、流通業を中心にトータルソリューション開発やコンサルテーションに加え、アウトソーシング事業やBPO、SaaS事業への着手など、時代の流れに敏感に反応してきました。これまでの経験や実績より得た豊富なノウハウと最新技術を駆使し、企業の様々な要望に応えることのできるシステムソリューションをお客様に提供しています。
会社名:  株式会社ジェイ・エス・エス
本社所在地:
金沢本社 〒920-0058 石川県金沢市示野中町2-115 TEL(076)223-7361 
東京本社 〒146-0082 東京都大田区池上4-1-8 TEL(03)5747-5757
代表者:  代表取締役社長 杉本 昌保
設立:   1998年5月31日
資本金:  1億円(2008年3月31日現在)
事業概要: アウトソーシング事業、ソフトウェア開発、ソリューションビジネス
URL:   リンク

用語解説

(注1)流通BMS
「流通ビジネスメッセージ標準」の略称。2007年4月3日にver1.0が公表された。大手総合小売業や食品スーパーで構成する「次世代EDIワーキンググループ」が策定したEDIの規格。受発注業務のプロセスや、交換するデータ項目などが規定されている。通信回線にはインターネット、データ項目の表現形式にはXMLを利用する。現在、経済産業省の外郭団体である流通システム開発センターが普及活動を実施している。

(注2)EDI取引
EDIとは、Electronic Data Interchange(電子データ交換)の略称で、商取引に関する受発注や見積り・決済などの情報を標準的な書式に統一して企業間で電子的に交換する仕組み。EDI取引とは、その仕組みを使い通信回線を介してコンピュータ間で電子データ交換する取引のこと。紙の伝票をやり取りしていた従来の方式に比べ情報伝達のスピードが大幅にアップし、工数や人員の削減、販売機会の拡大などにつながっている。

(注3)「UMLaut/J-XML」(ウムラウト ジェイエックスエムエル)
ウルシステムズが開発した流通業界向け次世代EDI規格「流通BMS」対応ソフトウェア。
従来のJCA手順に代わり、インターネットを活用して高速かつ安価な企業間取引を実現する次世代の受発注ビジネスソリューションで「流通BMS」に対応している。企業間取引に関する全業務パターンに簡単に対応できるほか、これまでのEDIシステムでは実現できなかった伝票明細レベルでの詳細情報の確認などができる。利用企業は、業務効率化、伝票レスの実現、コスト削減などが可能。
大手小売業・卸売業・地域VAN業者などを中心に稼動実績がある。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。