logo

アイ・ピー・ビー、総有効特許件数ランキングを発表

トップ3は松下、東芝、キヤノン

株式会社アイ・ピー・ビー(本社:東京都港区、代表取締役社長:浴野稔)はこのほど、企業ごとの有効特許件数を集計した「総有効特許件数ランキング」を発表しました。これは、1994年から2006年までに日本の特許庁に登録されたすべての特許のうち、2006年末までに失効・放棄したものを除いた「有効特許」の件数をまとめたものです。

株式会社アイ・ピー・ビー(本社:東京都港区、代表取締役社長:浴野稔)はこのほど、企業ごとの有効特許件数を集計した「総有効特許件数ランキング」を発表しました。これは、1994年から2006年までに日本の特許庁に登録されたすべての特許のうち、2006年末までに失効・放棄したものを除いた「有効特許」の件数をまとめたものです。

 その結果、1位は松下電器産業(現パナソニック)の3万8,699件、2位は東芝の2万5,291件、3位はキヤノンの2万4,194件という結果になりました。松下電器産業は2005年末時点から約3,500件減少しましたが、前年と同様に1位となりました。1位から5位まではすべて前年度よりも減少傾向にあります。総有効特許件数が伸びている企業は、7位のシャープ、9位のリコーなどが挙げられます。シャープは前年比で約6%増、2004年比で約13%増となっています。またリコーは前年比で約6%増、2004年比で約15%増となっています。全体的に見て、電気機器メーカーや精密機器メーカーが上位にランクインする傾向が見られました。

ランキングの上位10位については、知的財産に関する総合情報サイト「IPNEXT」をご参照ください。
【IPNEXT:総有効特許件数ランキング】
リンク

集計の対象は、2007年9月末時点における株式公開企業3,976社(外国企業を除く)と、アイ・ピー・ビーが独自に選定した株式非公開企業2,542社の合計6,518社。また集計にあたっては、過去の社名変更、本社住所移転、合併・吸収などの履歴を、2006年3月末時点の情報にもとづき詳細に調査したうえで、特許情報の名寄せを可能な限り行っています。

なお、同ランキングの上位200社までの詳細なデータは、「IPB特許経済統計データバンク」で入手可能です。また業種別に集計したランキング(上位100位まで)もご用意しています。

【IPB特許経済統計データバンク】(ユーザ登録無料)
 IPB特許経済統計データバンクは、約6,500社に及ぶ企業の特許情報と経営・財務情報をもとに算出した特許・経済指標群(182項目)や、企業・業種・技術分野別に編集した統計データを、インターネット上でダウンロードできるサービスです。豊富な統計データの中から必要なコンテンツを24時間365日、いつでも入手いただけます。
▼詳細はこちらを参照:
リンク
■IPB特許経済統計データバンク ご提供コンテンツの例
1) 企業別統計
 企業の特許情報と経営・財務情報にもとづいて、182項目の特許・経済指標を集計。出願・登録件数、請求項数推移のほか、審査請求率や特許査定率の推移、発明者ランキング、共同出願人ランキング、IPCランキングなどのデータを企業別に掲載。

 <サンプル>:
リンク

2) 総括統計/業種別統計
 特許出願・登録件数、請求項数推移、各特許・経済指標別の平均値、ランキング、業種別平均値一覧表などのデータを掲載。「総括統計」は全統計対象企業で集計、「業種別統計」はIPBが独自に分類した16の業種別に集計した。

<サンプル(平均値一覧)>:
リンク
<サンプル(ランキング)>:
リンク

3)IPC統計
 全IPCサブクラス、サブグループ(IPC第8版)別に、出願・登録件数の企業ランキング推移を集計した。

 <サンプル(IPCサブクラス別 出願件数ランキング)>:
 リンク



<ご参考>株式会社アイ・ピー・ビーについて
株式会社アイ・ピー・ビーは、知的財産(特許・技術)関連事業を手掛ける企業です。2001年5月の設立以来、特許・技術と企業に関する各種情報サービスから、特許・技術の価値評価および格付け、戦略的活用にかかわるコンサルティングまで、多彩なソリューションをご提供しております。
当社に関する詳細な情報は、下記ウェブサイトを通じて入手できます。

株式会社アイ・ピー・ビー ウェブサイト
リンク

本件に関するお問合せ先
株式会社アイ・ピー・ビー 営業本部
Tel:03-3769-8830(平日10:00~17:00)
E-mail:info@ipb.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事