logo

フルーク・ネットワークス、低価格・高性能の光ファイバー用OTDR検証テスター 「OptiFiber OF-400」 を新発売

業界最高クラスのイベント・デッドゾーン(マルチ・モード:最大0.5m)により、光ファイバーLAN配線での問題切り分けや、ダウンタイムの削減に大きく貢献

テスターからネットワーク管理まで幅広いネットワーク関連製品を提供する米フルーク・ネットワークスの日本法人である株式会社フルーク(東京都港区、代表取締役社長:早川和己、資本金:1億円)は、従来にない低価格で高性能な光ファイバー用OTDR検証※1試験が行なえる、「OptiFibe(r オプティ・ファイバー)OF-400」を9月3日より発売いたします。
 「OptiFiber OF-400」は、光ファイバー・ネットワークの不良解析と検証の両方を行うことができる、コンパクトで使いやすいOTDR検証テスターです。マルチモード(MM)※2でのイベント・デッドゾーンは0.5mと業界最高レベルで、より正確に障害箇所を迅速に特定できるためネットワーク・エンジニアの障害対応に携わる時間と費用を大幅に削減できます。また、ケーブルテスト管理ソフトウェア「 LinkWare(リンクウェア)」 が無償提供されており、すばやく簡単に、波形解析やレポート作成等を行うことができます。このように使いやすく高性能な製品ながら、これまでにない低価格を実現いたしました。
 「OptiFiber OF-400」の価格は96万円 ~( 税別)。初年度の売り上げ目標は、200ユニットをめざしております。

■光ファイバー・ネットワーク障害対応に求められる時間を大幅に削減。                
 光ファイバーLAN配線の検証とその性能を保証する高機能でコンパクトなOTDRテスター「OptiFiber OF-400」は、使いやすく統合化された光ファイバー用OTDR検証テスターで、光ファイバー配線の検査、検証、トラブルシューティング、文書化等を1台で行うことができます。特に電話回線のような長距離敷設の場合と違い、比較的接続箇所が多く、障害の発生しやすい光ファイバーLAN配線においてその威力を発揮します。高性能ながら軽量でコンパクト・堅牢なボディを持ち、日常の現場作業に大いに役立つツールとなっています。また、LAN検査に必要なすべての情報を画面上に表示できるなど、ビジュアルな検証能力に優れ、障害をすばやく切り分け、ネットワーク・パフォーマンスを回復させることができます。そして、ネットワーク・オーナーやケーブル敷設事業者に必要な、ネットワーク構築作業の検証、および迅速な文書化の効率アップとコストダウンを現実のものにします。付属のケーブルテスト管理ソフトウェア「LinkWare(リンクウェア)」により、波形解析やレポート作成を手軽に行え、既存ケーブル・アナライザーのデータベースにテスト結果を統合したり、リモートユーザーとのファイル共有も可能です。

<「OptiFiber OF-400」の特徴>
●軽量(1.9kg) でコンパクト(26.9×19.1×6.4cm)ながら、堅牢なボディ。
●誰でも使える簡単操作:
 TESTキーを押すだけで最適条件での測定を可能とする自動モードの簡単操作。 
●自動OTDR解析により、OTDRテストの複雑さを解消:
 OTDRテストの複雑さを解消した自動トレース、イベント解析機能。イベント・デッドゾーンは、業界最高レベルの最大0.5m@850nm(マルチモード)。
●OTDR自体のポート検証機能:
  OTDR測定時に見逃しやすい、測定器自体のポート端面における問題を測定開始前に自動チェックし、品質を判定。
●ChannelMap (チャネルマップ):
 誰にでも理解しやすい形で、リンクの構造を表示。パッチコードを含めた、接続点間の距離表示が可能。トレース画面を詳細に検証する前に、大まかな配線状況を把握。 
●フェルール端面観察用スコープ「FiberInspector Mini (ファイバー・インスペクター・ミニ)」(別売)による端面検証:
 別売の「FiberInspector Min(i ファイバー・インスペクター・ミニ)」は、CCDカメラによるファイバー端面の検証ができ、拡大倍率200倍でマルチ/シングルモードに対応。イメージ保存も可能。
●高性能で使いやすいケーブルテスト管理ソフトウェア「LinkWare」が標準添付。WEBサイトより無償提供。
 測定レポートが簡単に作成でき、トレース画面の情報だけでなく、ChannelMapの情報や、「FiberInspector Mini」による端面画像等を盛り込むこともでき、説得力のあるレポートが作成可能。また、保存したトレース画面の重ね合わせもでき、簡易エミュレーション機能も付属し、波形のより詳細な解析も可能。

<「OptiFiber OF-400」の価格>
 96万円(税別)~

■フルーク・ネットワークスについて
 フルーク・ネットワークスは、米国の精密電子計測器メーカーである「フルーク・コーポレーション」のネットワークス部門が2000年に分社化して生まれたネットワーク関連ツールメーカーです。「Network SuperVision solutions(TM() ネットワークの可視性を最大限に高めるためのソリューション)」の提供を企業使命としており、お客様の重要なITインフラであるネットワークを常に最適な状況に保つための監視・解析やトラブルシューティングをサポートしております。現在、日本を含む世界50ヶ国以上で事業を展開しており、弊社の高品質・高付加価値ソリューションは既に世界20,000以上の企業ネットワーク、システム・インテグレーター等のネットワーク設計・構築の専門企業などで使用されています。
▼▼▼詳細は以下のURLをご参照ください▼▼▼ 
リンク

※OptiFiber、FiberInspector Mini、LinkwWare等の製品は、米フルーク・ネットワークス社の登録商標または商標です。
※その他記載されている会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※1)OTDR(Optical Time-Delay Reflectometer):光ファイバ・ケーブルにおいて、融着接合と光ファイバ・コネクタの位置を特定し損失を測定する機器のこと。パルス試験機とも呼ばれる。
※2)MM(マルチモード):光ファイバには大きく分けて「マルチモード(MM)型」と「シングルモード(SM)型」の2種類があり、一般にMMはLANなどの近距離・低速用に、SMは長距離・高速用に使われる。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事