logo

X-Ways社の高機能コンピュータフォレンジックツール 「X-Ways Forensics」の販売開始

安全、安心なネットワーク社会の実現を目指す株式会社ディアイティ(本社:東京都江東区)は、X-Ways Software Technology社(本社:ドイツ ケルン)と販売代理店契約を締結し、同社が開発したコンピュータフォレンジックツール「X-Ways Forensics」の販売を9月3日より開始いたします。

内部統制や責任説明においても電子データの保全・解析の機会が増えた今日、信頼できる電子データを取得できる環境整備が重要視されています。企業や組織の情報セキュリティ部門では、フォレンジックの理解に基づいた日常的な情報収集を実施する必要性が高まってきています。

X-Ways Forensicsは、情報漏えいなどに代表されるセキュリティ事故の際に、PCに接続されたHDDやUSBメモリを解析し、インシデントの原因や、不正行為の証拠となるデジタルデータを取得することができるコンピュータフォレンジックツールです。高機能バイナリエディタである「WinHEX」をベースにした解析・検索機能を実装したソフトウェアと、HDD複製用の「X-Ways Replica」、ブラウザの履歴を解析する「X-Ways Trace」を付属したパッケージとして提供され、情報収集から解析、報告書作成まで幅広いレベルの関係者が同じワークフローを共有することで効率的なフォレンジック作業を実現します。

セキュリティ事故のフォレンジック調査や分析においては、状況に合わせた柔軟な対応が重要です。X-Ways フォレンジックファミリー製品には、技術者レベルと調査内容に合わせたラインアップが用意されており、調査に必要なボリュームの詳細情報を簡単な操作だけで把握できます。さらに、X-Ways Captureでは、システム稼働を停止させることなくデータの取得、証拠の保全ができ、暗号化処理されたシステムからも情報の取得が可能です。また、インターフェースとマニュアルは日本語に対応しており、初心者にも使いやすい操作性と専門家向けの高機能を兼ね備えています。X-Ways Forensicsは、フォレンジックツールとしてばかりでなく、IT統制のための監査、PCやサーバの利用状況調査、システムバックアップ、障害復旧などにも利用できる柔軟性に富んだツールです。

ディアイティでは、X-Ways社の製品販売開始と同時に、初級技術者向けのコースや、捜査機関向けに実施してきたコースを基にした上級技術者向けのフォレンジックトレーニングトレーニングを実施します。


●販売ターゲット
法執行機関、調査機関、一般企業、官公庁、自治体、教育機関、研究機関

●販売目標
初年度 300ライセンス

● 希望小売価格(消費税別)
X-ways Forensics ¥380,000 (1ライセンス)
その他のX-Waysフォレンジックファミリー製品については製品ページをご覧ください。

●製品ページ リンク

このプレスリリースの付帯情報

操作画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■X-Ways Software Technology社について
ドイツに本社を置くソフトウェア開発会社で、メインプロダクトである多機能バイナリエディタ「WinHEX」とそのフォレンジックライセンスにあたる「X-Ways Forensics」は、現在までに32,000本以上の出荷実績を持っています。世界中のメーカーや法執行機関などで幅広く利用されており、フォレンジックソフトウェアの分野におけるヨーロッパのリーディングカンパニーです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事