logo

ノーテル、ネットワークの簡素化を促進する仮想化ソリューションを発表

新製品Nortel Virtual Services Switch (VSS) 5000によるエンド・ツー・エンドの仮想化でITへの投資効果を最大化し、消費電力を低減

ノーテルネットワークス株式会社*(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平松敏之、以下、ノーテル)は本日、企業が新しいサービスを必要に応じて迅速に導入し、ネットワークへの投資効果を最大化させる、ネットワーク仮想化ソリューションを発表しました。

このネットワーク仮想化ソリューションは、新製品「Nortel Virtual Services Switch (ノーテル・バーチャル・サービス・スイッチ) 5000」(以下、VSS 5000)と、ノーテルのハイエンド・レイヤー3スイッチ「Nortel Ethernet Routing Switch (ノーテル・イーサネット・ルーティング・スイッチ) 8600 」(以下、ERS8600)に新しく「RSモジュール」4機種を追加した最新バージョンにより構成されています。新製品VSS 5000は、さまざまなネットワーク要素を統合し、柔軟でダイナミックなネットワーク・サービスを素早く提供する新たなプラットフォームです。ノーテルのネットワーク仮想化ソリューションは、ノーテル製品の販売代理店を通じて販売します。

新製品VSS 5000は、高性能なマルチプルサービス仮想化スイッチであり、これまで多くの場合それぞれに装置を必要としていた各種ネットワーク・サービスを、高さわずか2U(約8.8 cm)のサイズの単一プラットフォームに集結させています。モジュール形式を採用し、ユーザーが必要とするサービス向けのモジュールを選択して搭載することにより、サーバーロードバランシング、ファイアウォール、侵入検知(IDP)、Intelligent Traffic Management(ITM)、SSLアクセラレーション、VPNs(IPSEC、SSL)、アプリケーション・オプティマイザーなどのネットワーク・サービスを必要に応じて提供することが可能になります。多くの機能をワンボックスに集結させた結果、少ない消費電力でネットワークリソースを最大限活用すると同時に、設備投資額を低減する、エンド・ツー・エンドのソリューションです。

またERS 8600の最新バージョンでは、新しく「RSモジュール」4機種を追加し、ネットワーク・インフラの仮想化を実現します。最新バージョンでは、高密度の10Gモジュール、業界最高レベルのレジリエンシー(障害回復力)に加え、仮想ルーター機能、既存のIPバックボーンを通じて提供される簡素化された仮想私設網(VPN)のプロヴィジョニング機能など、ネットワークの構造を簡素化し、費用対効果と信頼性を向上させます。高い障害回復力は、LAN内、あるいは大学のキャンパスや都市圏のネットワークとして、複数の顧客、部門、あるいはユーザーグループの利用に適しています。

ノーテルのネットワーク仮想化ソリューションは、企業ネットワーク内にある、それぞれ独立していた要素を連携させ、コストのかかるネットワークのリエンジニアリングの負担を軽減するとともに、新サービスの導入を容易にします。仮想化によって、いままでバラバラに配置されていたネットワークリソースを効率よく統合して、より洗練された機能を速やかに提供することが可能になります。例えば、ビデオ会議での利用が高まった場合に、ネットワーク上の必要な部分の帯域だけを拡大したり、極秘情報の取扱者だけに対してセキュリティ性を高めます。導入の進むサーバー仮想化ソリューションとの統合を進めることにより、データセンターの構成や複数のネットワークの管理を簡素化でき、その結果、運用コストの低減、サービス拡大費用の上限設定、エネルギー消費量の大幅な低減が実現されます。

企業は仮想化ネットワークによって、異なる部署間のデータトラフィックを分離することができるため、部署やユーザー毎のセキュリティを確保します。また、エンタープライズ向けのホスティングサービスを提供する通信事業者には、顧客企業毎のトラフィックを独立させることで、企業間トラフィックのプライバシー確保を可能にします。これにより通信事業者は、幅広い付加価値サービスを素早く簡単に実現でき、新たなビジネスチャンスや、顧客満足度の向上、利益幅の改善が期待できます。

Nortelのエンタープライズソリューション部門社長のジョエル・ハクニーは「仮想ネットワークの構築は、ビジネスの高速化、簡素化をもたらします。新たなサービスやアプリケーションを導入し、新しいネットワーク要素を追加するための時間を削減することができ、もともと異なるネットワークを単一のネットワークとして運用することを可能とします。仮想ネットワークはまた、企業がビジネス上のコミュニケーションを直接ビジネスプロセスへとリンクさせることで煩雑さを緩和するユニファイドコミュニケーションのような重要な新技術を最大に活用できるようになるまでの時間を短縮し、活用の能力を高めます。当社の顧客は、収益源となる独自サービスを迅速に提供開始することが可能となるのです。」と語っています。

各国で早期導入を開始

NECネッツエスアイ株式会社
NECネッツエスアイ株式会社取締役執行役員常務の山崎 幸雄氏(崎は旧漢字)は次のように語っています。「当社の顧客であるデータセンターと通信事業者各社は、ネットワーク・サービスの迅速な導入と、既存のネットワーク容量を最大限に引き出すソリューションを求めています。今回我々は、データセンターのお客様のビジネス機会の最大化を目的として、Nortelのネットワーク仮想化ソリューションを採用しました。Nortelは、スピードと柔軟性をもたらし、リソースの浪費をなくし、既存のネットワークがより高い能力を発揮するようなネットワーク仮想化ソリューションを実現してくれました。仮想化技術によって装置数を減らし、複雑さを最小限に抑えることで、当社のデータセンターと通信事業者各社の次世代ビジネスが推進されます。」

英Toranet社
イギリスに本拠を置く、セキュリティとインテリジェントなコンテンツネットワーキングを得意分野とするコンピュータ再販業者であるToranet社長のリー・ヒスコット氏は次のように語っています。「当社にとって、ネットワークの機能を統合してより優れた原価構造を実現するとともに、サービスとアプリケーションをより速く提供できれば、仮想化は非常に魅力的な選択肢となります。私たちはノーテル社の仮想化ソリューションが、次世代サービスを必要に応じて提供開始し、異なったユーザーグループの個別の要望に応じることを、高価なネットワークのリエンジニアリングを行うことなく実現し、ネットワークの柔軟性を最大限に引き出してくれることに大きな期待を寄せています。かつてサーバーの仮想化が優れたコスト効率と生産性の改善をもたらしたように、ネットワークの仮想化にも期待しています。」

加PCL社
カナダ・アルバータ州エドモントンに本拠を置く、ビル建設、土木、重工業建設業界のリーダー企業であるPCLでは、自社で運営するサーバーの数を減らすため、iSCSI SANストレージシステムとVMwareのサーバー仮想化ソリューションを導入しました。Nortelは、彼らが使用していたERS 8600スイッチ・クラスターと、耐性が高くスタッカブルなEthernet Routing Switch 5500を統合し、同社のデータセンターの仮想化を制御できるようにしました。

PCLインフラストラクチャ部門マネージャーのシェーン・クロフォード氏はこう述べています。「当社のデータセンター全域にわたって、ノーテルの高耐性でスタッカブルなソリューションが、多数の物理サーバーおよび仮想サーバーに対応するために必要な、接続性とデータ転送性能を提供し、iSCSI SANストレージシステムとあいまって、当社が求めるアプリケーションおよび処理性能のニーズに応えています。」

調査会社の高い評価
調査会社IDCのデータセンターネットワーク調査担当バイスプレジデントのシンディ・ボロヴィック氏は次のように語っています。「ノーテルのネットワーク仮想化ソリューションは、ネットワークリソースを集合的に利用可能にし、必要に応じた配分を行うことで、企業や通信事業者の通信インフラを簡素化します。この技術はネットワークの能力を最大限に引き出し、リソースの浪費を低減します。また、導入する機器の台数も少なくてすみ、ソリューションのライフサイクル全体にわたってコストを節減します。サーバーの仮想化技術と統合することで、エンド・ツー・エンドの仮想化の導入における新たな選択肢ともなります。」

Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。

* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事