logo

コンピューターが遅くなった原因は何か?

ビジネス関連編集者/テクノロジー関連記者

インド・ムンバイ発--(ビジネスワイヤ)--世界中のIT担当者が最もよく耳にする質問はおそらく、「コンピューターの処理が遅くなってしまいました。原因は何ですか?」でしょう。ウィルスのスキャン、アドウェアやスパイウェアのチェック、不要なプログラムのアンインストールなど、一般的な解決策はあります。これらはなかなか悪くない回答です。もしウィルスに感染していたなら、問題はそれで解決します。しかしコンピューターにはどこも問題はなく、ただ「遅いだけ」という場合はどうすればいいでしょうか? 遅いコンピューターの対策チェックリストの中でもう1つ、重要性を増しているとてもシンプルな解決策があります。

コンピューターをデフラグしようと思ったことはありますか? そう、その解決策こそ、デフラグなのです。

日々、コンピューターユーザーはMicrosoft Officeの文書や、マルチメディアファイル、画像、動画などを作成します。これらのファイルは保存されるとき、ハードドライブ上の利用可能な空きスペースに合うようにピース、つまり断片に分割されます。この処理が続き、多くのファイルが保存、編集、削除されたり、サイズが変わったりすると、膨大な断片数に達するほど断片化が進行することがあります。これがファイルアクセス時間をきわめて遅くします。読み取りヘッドがファイルの小さなピース1つ1つを集めて再構築するからです。これは避けられない問題で、システムの効率や信頼性を損ねる可能性があります。そのうちに、この絶え間ない断片化によってシステムの速度は低下し、停止に至ることもあります。

ファイル断片化の問題を解決するには、ただデフラグすることです。

この問題に対処するにはサードパーティの自動デフラグツールの使用をおすすめします。旧式の手動やスケジュール型のデフラグツールは時間がかかったり、不完全になりがちです。自動デフラグはバックグラウンドで実行され、リアルタイムにデフラグを行います。断片化が発生した途端に自動処理で対処し、ドライブに増殖することを許しません。これによりユーザーは通常通りコンピューターで作業ができるようになります。デフラグはバックグラウンドで行われ、パフォーマンスには悪影響を与えません。

定期的なデフラグはファイルアクセス時間を加速するだけでなく、起動やロード時間、そしてウィルス対策スキャン、バックアップ、Webブラウジングのスピードも改善することが証明されています。

遅いコンピューターの謎を解明して、コンピューターを自動的にデフラグしましょう。もう考え込む必要がなくなる、簡単な解決方法です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。