logo

主要自動車部品における市場および技術の調査報告書出版

総合技研株式会社出版の調査レポート「2008年版 自動車部品のロードマップ」は、主要自動車部品における市場及び技術について調査・予測結果を提供しています。

【調査対象品目】
□ エンジン
    ガソリン
    ディーゼル
    ハイブリッド
    燃料電池
□ 安全
    ブレーキシステム
      ABS
      ESC
    ブレーキバイワイヤ
    エアバッグシステム
    カメラシステム
    プリクラッシュセーフティシステム 等
□ 利便・快適
    キーシステム
    カーエアコン
    ドアシステム 等
□ 情報
    カーナビ
    ETC
    テレマティックス 等
□ トランスミッション
    AT
    MT
    CVT
    AMT
□ ステアリングシステム
    油圧
    電動
    ステアバイワイヤ
□ ヘッドランプ
    HID
    AFS
    LED
□ ボディ
□ サスペンションシステム
□ 4WDシステム

□ カーエレクトロニクス全般

【調査研究ポイント】
1) 1995-2007年の技術の変遷及び需要構造の変化を分析し、2015年以降の技術を予測
2) 小型化、軽量化、材料の変化、モジュール化による変化の要因を分析
3) 市場規模の拡大、減少要因
4) カーエレクトロニクス全般のロードマップ
5) カーエレクトロニクスの変遷とそれに伴う電子部品及びシステムの変化

【調査項目】
1) 1995-2015年の自動車部品のロードマップ - 技術予測、技術変化の要因
2) 市場規模予測、シェアの推移 - 市場規模の拡大、減少要因
3) シェア推移 (1995年、2000年、2005年、2007年)
4) 当該自動車部品の技術課題と今後の方向性

【詳細資料】
リンク

【調査レポート】
2008年版 自動車部品のロードマップ
リンク

【総合技研株式会社】
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事