logo

モバイルネットワークのフラットIPアーキテクチャ

米国の調査会社ヘビーリーディング社の市場調査レポートが4月に刊行されました。

3Gモバイルブロードバンドの大幅な増加によってデータのトラフィック量は過去最大となり、2008年以降も増加を続けると予測されている。この急速なトラフィックの増加を管理すると同時に1ビット当たりのコストを下げ、価格構成をさらに柔軟なものにするため、モバイルオペレータは従来のTDMやATMアーキテクチャの代替として、フラットなAll-IPネットワークアーキテクチャを導入しなければならない。
米国の調査会社ヘビーリーディング社の調査レポート「モバイルネットワークのフラットIPアーキテクチャ:3GからLTEまで」は、様々なサービス配信の主要プラットフォームとなる次世代のパケットコア、IP無線アクセスネットワークの進化、LTEアクセスネットワーク導入に向けたAll-IPアーキテクチャへの移行に焦点を当てている。

◆調査レポート
モバイルネットワークのフラットIPアーキテクチャ:3GからLTEまで
リンク

◆米国ヘビーリーディング社リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。