logo

今、多くの企業からの注目を集めているデータ・センターを利用・検討しているユーザーの実態に迫る! (日経マーケット・アクセス調査報告書『データ・センター利用実態調査2008』より)

データ・センター選定要因に見るユーザー・ニーズ 流通業は「料金」、製造業や金融は「災害対策」

サーバーやサーバー設置場所を貸し出すデータセンター事業者の動きが活発だ。高機能を付加した次世代型センターの構築も進みつつある。コストパフォーマンスを求めるユーザーがいる一方、場所貸しにとどまらない積極的な役割へのニーズもある。情報システムの在り方を変える可能性を秘めるデータセンターについて、現状ではユーザーがどのような意識でとらえているのかを探った。

データセンターが関心を集める背景には、情報システムの中で増え続ける情報量とそれらを格納するサーバー管理負荷の増大がある。さらに、災害や事故などの予期しない事態が発生した場合でも事業を継続できるようにするBCP(事業継続計画)の観点から、データの安全確保の重要性が高まっていることも挙げられる。情報システムを効率的かつ安全に運用したいことから、データセンターの注目度は急速に上がっている。もっとも、データセンターの選定基準はユーザーが置かれた環境や利用目的などによって大きく異なる。これが、『日経マーケット・アクセス』 リンク が2008年1月に実施した調査(*1)で明らかになった。

*1 日経BPコンサルティングの調査モニターを対象に、インターネットで2008年1月17日~26日に実施。 リンク


●続きはコチラに掲載 → リンク


●“今”ならデータ・センターの最新動向を解説するセミナーへ特別ご招待!!
  詳しくは → リンク

用語解説

データ・センター・・・顧客のサーバを預かり、インターネットへの接続回線や保守・運用サービスなどを提供する施設。「インターネットデータセンター」(IDC)とも呼ばれる。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事